猫の飼い方まとめ…トイレの臭い問題や室内飼いのメリットなど

ハムマロ

私は道端で捨てられている猫を拾って、猫を飼い始めました。

猫を飼うにあたって、知っておいたほうがいいことや多頭飼いのコツなどを色々書いています。

猫を飼うとなると必要になるものはたくさんあるので、猫を飼おうと思っている方や、現在猫を飼っている方の参考になれば嬉しいです。

まずは猫を拾ってから準備することとやるべきことをまとめた記事があるので目を通してみてくださいね。

猫と出会う方法

まず、猫を飼おうと思った時に運良く捨て猫がいればいいですが中々出会うことはありません。

かと言って個人的には、よっぽど猫種のこだわりがない限りはペットショップもあまりオススメ出来ません。

その理由として、猫を買うことでまずお金がかかるというのが大きいです。

ペットショップではなく、里親募集、動物愛護センターなどを上手く活用するのをオススメします。

ペットショップだと少なくとも猫の値段は20~30万はします。

ペットショップで猫を買うお金で、猫を飼うためのエサやトイレを揃えたり、予防接種などが全て出来ます。

ペットショップ以外での猫との出会いはたくさんあります。

特に動物愛護センターには殺処分待ちの猫ちゃんもいるので、まずはそこからチェックしてみてほしいです。

うちの猫はみんな捨て猫でしたが、とっても可愛いですよ!

雑種でも色々な性格があり、個性があり、毎日癒やされています。

多頭飼い

うちでは初めて猫を飼いだしたときから2匹の多頭飼いでした。

姉妹で拾っているので、特に喧嘩することもなく仲良しで平和に暮らしています。

個人的には1匹も2匹も変わらないかな…という感じです(笑)

2匹一緒に飼っていてデメリットは何も感じていません。

赤ちゃんの頃から一緒にいない他猫の多頭飼いだと、相性が悪かったりすると毎日喧嘩をしたり家の中がドタバタすることになりますが、それも慣れかなーと思います。

実際に私の家では先住猫2匹いる状態で子猫を一匹引き取りましたが、喧嘩しつつもなんだかんだ仲良くやっていたので猫同士で距離感は調整します。

先住猫がいる状態で子猫の引き取り

ハムとマロを飼ってから2年後、我が家にはサビ猫のミコちゃんがやってきました。

先住猫(とくにビビリの猫)がいるとパニックになって家の中がとんでもないことになります(笑)

最初は猫同士お互いにビックリしすぎて「フシャー」としますが、時間が経てば慣れます(笑)

動物病院の先生にも言われましたが、一匹飼いから多頭飼いにするときに最初は「可哀想かな?」と思うような反応をみんなしますが放置しておけば猫同士勝手に仲良くなるので大丈夫です!

多頭飼いだと一応猫社会があり、慣れればなるようになるので、先住猫がいる状態での子猫の引き取りは時間が解決してくれます。

室内飼いでの問題

私は猫を完全室内飼いしていますが、室内飼いをしていると何かしらやっぱり問題は出てきます。

家の中で猫を飼っていると出て来る問題をまとめてみたので参考にしてみてください。

トイレの匂い問題

猫で一番気になるのは、猫の体の匂いではなくトイレの匂いです。

猫は尿、便の匂いが非常に強いので何かしら対策をしないと部屋の中が非常に臭くなります。

身体は自分で毛づくろいをして綺麗にしていますが、トイレはどうしようもありません。

少しでも匂いを減らすためにトイレは少し工夫が必要です。

猫のトイレにもたくさんの種類があるので、猫が好むトイレを見つけることと、置く場所にも注意することで臭いが気にならなくなります。

私の家では最初は値段が安い紙タイプの猫砂を使っていましたが、猫の身体にあまり良くないことを知ったので今ではデオトイレを使っています。

臭いも少なく、砂も飛び散りにくいので個人的にはオススメです。

消臭剤やトイレの砂を変えたりするだけでも匂いは結構軽減されるので、臭いが気になっている方は試してみて下さい。

抜け毛の掃除問題

猫を飼っていると換毛期という時期があり、抜け毛が大量に出ます。

短毛種の猫でもかなりの量の抜け毛があるので、長毛種になるととんでもないことになると思います。

毎日掃除機をかけないと床が毛だらけになるレベルです。

猫を飼っている人はこの抜け毛の掃除で悩んでいる人も多いかと思います。実際私もかなり悩みました(笑)

抜け毛が多い春→夏の時期は本当に床が毛まみれになるので、猫の抜け毛対策をすることで掃除も比較的楽になると思います。

そして猫を飼っている人は、キャットタワーが置いてあるところも多いと思います。

キャットタワーにも抜け毛が張り付いて中々取り除くのが難しいので、掃除アイテムを使って抜け毛の掃除をこまめにしましょう!

猫が亡くなったら…

私が動物病院の里親募集で引き取った猫ミコちゃんは、2歳半で天国へ行ってしまいました。

家族の猫が亡くなるとパニックになってしまい、何からしたらいいのかわからなくなってしまいます。

猫を飼っている方、飼おうと思ってる方は、いつかやってくるその日のために目を通しておいて下さい。

Copyright© ねこほう , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.