猫を外飼いにしなかった理由と室内飼いにして良かったと思った事まとめ

投稿日:2016年2月17日 更新日: 2,396 views

室内飼い

今回は猫をどうして室内飼いにしたのか…と言う話をしたいと思います。

僕の中では最初から猫を外猫にすると言う選択肢はありませんでした。

外飼いと室内飼いの違いについて今回は書きたいと思います。

スポンサードリンク

外飼いは心配だからイヤだ

身近に外飼いで猫を飼ってた人もいるんですが、個人的に一番気になるのが「事故などの危険性」です。

僕は猫を飼う以上は、自分に出来る限りの事をして幸せにしてげたい…と思ってしまいます。これは人間に関しても同じ事ですけど…。

そうなると、外に猫がいる状態がどうしても怖いんですよね。

交通事故が一番心配

僕自身が車を運転していると、突然猫が横から出てくる事が何度もありました。

酷い時は猫が車の下を通り過ぎた事なんかもあります。僕が助手席に座っている時にそんな事があったので、急いで振り返ったら無事に通り過ぎていて「猫凄いな!!」ってびっくりしました。

でも当然、車を走らせていると道端で轢かれて死んでしまっている猫も何度も何度も見かけています。

それを見る度に「猫を外に出すのは怖い」と思ってしまうのです…。

この交通事故が怖いと言うのがまず最初にきます僕は。

イジメられないか心配

それともう一つが、赤の他人に何をされるかわからない…というのも僕の心配事の一つです。

誰もが猫好きで良くしてくれるなら良いんですが、もしかしたら蹴飛ばす人もいるかも知れません。

自分が常に一緒にいられるなら、そういう事は絶対させませんが、猫は自由に徘徊するのでそうもいきません。

だから僕はこの時点で外飼いと言う選択肢はないんです…。事故も怖いし、他人が何をしてくるかも怖いので…。

よそで何をしているかわからない

また、もし自分の猫が他人様の家に潜入していたり、庭を荒らしていたらシャレになりません。

自分が知らない所で迷惑をかけていて、その結果害のある動物扱いされていたら何をされるかわかりません。

何よりそんな迷惑をかけている事が申し訳なくなってしまいます。「迷惑をかけるなら飼い主に」と思うのです。

だからこれも込みで僕は外飼いをさせる気にはなりません。色々な意味で心配事が増えるからです。

室内飼いにメリットばかりを感じる

「猫を自由にさせてあげればいいのに」と思う人もいるとは思います。

僕も結構そう思っていたんですが、猫は本当に狭い所が好きです…。

また小さな頃から室内飼いをしてきた猫は、人間に常に寄り添うようになります。

うちの猫は作業中も常に僕や奥さんに寄り添っています。あまり「どこかへ消える」と言う事がありません。

猫も甘えん坊になる

例えばこの記事を書いている最中、ハムちゃんはコタツの中に入っていたんですが、僕がコタツに移動してChromebookで記事を書いていると、敢えてコタツの上に出てきて、Chromebookの真後ろに座ってくつろいでいます。

「僕から見える場所」にわざわざ移動して、そこで眠っているんですね。ハムちゃんはたぶん見られている方が落ち着くのでしょう。

ちなみにマロは作業中の奥さんの膝の上で眠っています。

うちの猫は避妊手術済みのメスのみですが、本当に甘えん坊ばかりです。

ハムもマロもミコも僕や奥さんや娘にがっつり甘えてきます。もちろん気まぐれなので気が向かないとどこかに行きますけど…笑

わざわざ僕の目につく所に移動してくる所なんかは可愛らしいものです。

デスクトップPCで作業をしている時なんかは、モニターの前に堂々と座りますしね…めちゃくちゃ邪魔ですけど…笑

家の中の危険は排除出来る

例えば電源コードを噛む猫もいるそうですが、それなら電源コードを隠すようにすれば良いです。

カバーをかけて電源コードをかじれないようにしておくなどの対処が室内飼いなら簡単に出来ます。

うちのマロは「ウールサッキング」と言う、布を食べてしまう病気なので、マロが食べそうな素材のものは全部排除しています。

家の中の危険に関しては飼い主が把握して排除していく事が可能なんですよね。

爪が引っかかるカーペットを使わないとか、色々な対処法があるので問題が起きたらその都度対応してあげてください。

病気の心配もない

外に出していると、ノミ・ダニをもらってくる可能性もあるし、感染症をもらってくる可能性もあります。

ですが室内にいる限りはそのような心配はありません。ノミ・ダニをもらってくる可能性を限りなく低く出来るのは最大のメリットの一つだと僕は思います。

僕自身がハウスダストと喘息を持っているので、猫がそういう病原菌を持ってきるなら、最悪飼えなくなります。

ですが室内飼いで清潔にしている限りはその心配もありません。猫の毛もブラッシングをしっかりして、空気清浄機をつけている事でかなり対処出来ています。

これらの事を考えると僕は室内飼いしか考えられないんですよね…。

スポンサードリンク

室内飼いで本当に良かった

最大の問題が一つありまして、そもそも自由に出入りする場所が家にないんですよね…笑

どこかしらの窓を開けっ放しにするのもセキュリティ的に良くありません…。

家の中にいても、扉を閉めていたら猫が「開けて〜」って爪で軽くカリカリしたり「にゃ〜ん」って鳴いたりするんですけど、そういうのに対応するの結構面倒なんですよ…笑

エアコンをつけていると閉めきっているので、そういう時に自由に出入りする猫達の相手をするのは結構大変です…笑

外飼いにしてたらこういうのが頻繁にあるのかと思うと大変ですし、何より猫が可哀想です…笑

窓でずっと開けてもらうのを待っている猫とかの話も聞いた事があるので、そういうのはさすがにね…あまりさせたくないです…。

やはり家の中でずっと一緒が良い

ハムもマロもミコも、全員が捨て猫でそれを僕等が拾って今一緒に暮らしている事になります。

引き取った以上は「家族」なので、僕はどうせなら家の中で一緒にいる方が楽しいです。

娘もすっかり猫が大好きになっているので「ハムちゃーん」って呼んだら家の中のどこからともなく現れる現状の方がベターだと思います。

もちろん外飼いをしている人をわざわざ批判する気はありません。あくまでこれは「僕が好き」と言うだけの話です。

外飼いをしている人からすれば、外飼いのメリットがきっとあると思います。そういうのは外飼いをしている人に聞いてみてください。

僕はやっぱり大好きな猫がそばにいる方が嬉しいので、室内飼い派ですね。

Copyright© ねこほう , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.