猫の食事は魚と肉どっちが良いの?好みの味を見つけてあげよう

投稿日: 92 views

猫の食事

猫の食事を買う選ぶ際に迷ってしまうのは「魚と肉どっちが良いんだろう」ということです。

実際、キャットフードにはかなりの種類があり「まぐろ」だったり「チキン」だったり、ウェットになると「ポタージュ」なんてものもありますよね(笑)

初めて猫のエサを選ぶときにはかなり悩んでしまうと思うのですが、今回は魚と肉、猫はどっちが好きなのか、どっちを与えたら良いのかというのを書きます。

猫は魚と肉どっちがいいの?

日本では、猫は魚が好きというイメージが強いですが、実際は魚だけが好きなわけではありません。

猫は肉食動物なので、元々魚よりは肉を好みます。

かと言って、魚が嫌いなわけではありませんし、好き嫌いの好みも個体でそれぞれ違います。

キャットフードにはまぐろ味だったりチキン味だったり、様々な種類のものが売られています。

どっちが良い!という断言は出来ませんが、今はかなりの種類のキャットフードが出ているのでそれぞれの猫ちゃんが好むものを与えましょう!

ただ、キャットフードのように猫用に加工されたものではなく「お肉」「お魚」単品になると話が変わってきます。

生肉は与えないで!

猫は肉食動物なので、タンパク質が豊富なチキンが入っているキャットフードを与えるのが好ましいのですが肉食だからといっても、与えてはいけないお肉もあります。

  • 生肉
  • 人間用の調理した肉
  • レバー

肉食だからといって、生肉を与えるのは危険です。

生肉には寄生虫がいたり、骨などが隠れて入っていることもあります。

そして人間用に加工されたハンバーグや唐揚げなどのお肉も塩分が強すぎて病気になってしまうので絶対に与えないで下さい。

どちらにせよ、病院へ通わなくてはいけなくなってしまうのでその危険性がある上記のお肉は与えないようにしましょう。

猫の食事を手作りするにしても、猫が食べてはいけないものなどに気をつけて作る必要があります。

猫が食べると危険な物については、こちらの記事を参考にしてください。危険と言われている代表的な食物を書いています。

ここに書いてある以外のもので危険なものもまだたくさんあるので、食事を手作りする際にはしっかり調べましょう!

ドッグフードもダメ!

ドッグフードは、主原料はお肉で作らているのでキャットフードとそんなに変わらないのでは?と思ってしまいますが全く違います!

犬と猫では必要な栄養素が全く違うので、ドッグフードを与え続けていると猫は栄養不足になってしまいます。

一回ドッグフードを与えただけで病気になることはありませんが、与え続けることによって様々な病気のリスクが出てくるので注意しましょう。

スポンサードリンク

魚は骨に注意!

猫にはご褒美で魚(刺し身など)を与えたいと思っている人も多いと思います。

ですが、基本的には生魚は猫に与えてはいけません。

魚にはビタミンが破壊される成分が入っています。そして、生肉と一緒で寄生虫の心配もあります…。

でもやっぱり魚が好きな猫ちゃんになると、刺し身や焼き魚で反応してしまう子も多いです。

焼き魚に関しては、私は骨があるのと塩分が多いので怖くて与えたことがありません。

私が飼っているハムちゃんとマロちゃんもかなり魚が大好きなのですが、まぐろの刺し身を買って来たときにだけ小指の第一関節くらいのサイズの薄く切ったものを一切れだけ与えています。

私は「まぐろの刺し身」しか与えていません。

本当にたまーにしか与えていないので、たまーーにのご褒美なら大丈夫です。

ただ肉と同じで毎日与えたり、大量に与えたりすると病気にかかってしまうリスクが高くなるので注意してください。

キャットフードが安全

キャットフードは猫のために作られた総合栄養食で、味の種類も多数あるので1番安心出来ますし安全です。

基本的にキャットフードで総合栄養食と書かれている物は、キャットフードだけを与えていれば栄養は十分に足ります。

キャットフードの中でも、原材料に高品質なものを使っているものを与えたいという方は下記の記事をチェックしてみてください。

栄養がたっぷり入っており、様々な味の安心して与えられる安全なキャットフードをまとめてあります。

キャットフードだけを与えるのは可哀想だからと、オヤツを与えたり、肉や魚などを与えるのは個人的にはオススメしません。

キャットフードで必要な栄養素は全て摂る事が出来るので、その他に与えてしまうと肥満の原因にもなってしまいます。

人間にも言えることですが、肥満になってしまうと様々な病気にかかりやすい状態を作ってしまいます。

キャットフードにも様々なメーカーがあり、味もそれぞれ違うので猫ちゃんの好むキャットフードを見つけてあげて下さい!

お刺身などは頻繁に与えるのはよくありませんが、ご褒美としてたまに与える程度なら猫ちゃんのストレス解消にもなるかと思います。

ですがやはり魚や肉を間違った方法で与えてしまった際の病気にかかってしまう可能性を考えると、市販されている猫用のウェットフードやドライフードなどのキャットフードを与えるほうが安全性も高く、健康管理がしやすいです。

猫ちゃんにも好き嫌いがあるので、色々な味を試してみてから好みの味を見つけてあげてくださいね!

関連記事

おやつ感覚で食べられて歯垢を落とす!歯磨き専用スナック「猫用グリニーズ」を買ってみた

猫を飼ってからあまり悩み事とかはなかったのですが、最近は歯が気になっていました。 もう猫を飼って2年くらいになりますが、うちのにゃんこは歯磨きをあまりしません。その代わりマウスケアはしっかりとするよう ...

キャットフードのグレインフリーとは?穀物は消化不良や肥満の原因に!

今はたくさんあるキャットフードの中でも「グレインフリー」というものが人気です。 なぜグレインフリーのキャットフードが人気なのか、グレインフリーはそもそも何なのかを説明していきます。 私の家の猫が食べて ...

猫がドライフードを食べなくなる原因と対処法まとめ

猫と毎日過ごしていると、特に普段の生活の変化はないのにキャットフードを食べなくて困ってしまうことがあります。 体調不良で食べなくなってしまうことももちろんあるのですが、猫はグルメなので好き嫌いが多い動 ...

サイエンスダイエット「インドアキャット」を猫に与えてみた感想…便通が良くなりました

動物病院でよくオススメされる、ヒルズのサイエンスダイエットのキャットフードを猫に与えてみました。 プレミアムキャットフードの中でもヒルズのサイエンスダイエットは有名かと思います。 今回はサイエンスダイ ...

フードストッカーでドライフードを保存しよう…猫のエサの食いつきが良くなります

猫ちゃんのドライフードの保存方法についてご存知でしょうか。 実は猫ちゃんのご飯は私達が食べているご飯と同じように酸素や湿気によって、匂いが薄くなったり、水分を吸ってカビが生えてしまう場合もあります。 ...

Copyright© ねこほう , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.