キャットフードのオススメまとめ…私が国産よりイギリス製を食べさせている理由

キャットフード

これから紹介するキャットフードは私の飼っている猫に実際与えているものです。

栄養バランスが良く、猫の体に良くないと言われている「穀物」や「添加物」が入っていないものを紹介します。

  • 穀物不使用
  • 無添加
  • ヒューマングレード(人間でも食べられる高品質な素材)

この3つを重視して、おすすめのキャットフードを紹介します。全て安心して与えられるプレミアムキャットフードです。

カナガン

カナガン

私は現在このプレミアムキャットフードを飼い猫たちに与えています。

カナガンをオススメするポイントはこちら↓

  • 原材料の60%以上がチキン
  • 食いつきが良い
  • 高タンパク高カロリー
  • 全ステージの猫に対応

カナガンはトリ肉がメインで使われているキャットフードです。

猫に不要な穀物は一切入っていないので、穀物アレルギーが出る心配もありません。

実際、我が家のマロちゃんはアレルギー体質で穀物で湿疹の症状が出ていたので「穀物不使用」は重視しています。

カナガンは子猫からシニア猫までの全ステージの猫が食べられるので、年齢に合わせてエサを変える必要もないので非常に楽です。

カナガンは高タンパク高カロリーで、遊び盛りの子猫~成猫にオススメのキャットフードです。

とにかく原材料にこだわっているキャットフードで、安全面が非常に高いキャットフードです。

何より匂いが強いので食いつきが良いのもカナガンの特徴です。

私の飼っている猫も非常に食いつきが良く、続けて与えることが出来ています。

猫に必要な栄養がバランス良くたっぷり入っており、一回の食事量も他のキャットフードより少なめでOKなのも魅力的です。

単品購入で1袋3,960円ですが、定期購入にすることで最大20%オフにもなります。

モグニャン

モグニャン

モグニャンが次にオススメの理由はこちら↓

  • 原材料の63%以上が白身魚
  • 粒が小さいので少食の猫でも食べやすい
  • 低タンパク低カロリー
  • 全ステージの猫に対応

モグニャンキャットフードは白身魚がメインで使われているキャットフードです。

もちろんモグニャンにも猫に不要な穀物や添加物は一切入っていないので、穀物アレルギーが出る心配もありません。

カナガンと比べるとタンパク質が控えめですが、カロリーも控えめとなっています。

全ステージの猫に対応していますが、特に完全家の中で飼っていて肥満気味の猫ちゃんや、多くの栄養を必要としないシニア猫にピッタリのキャットフードです。

チキンよりも魚系の味が好きな猫ちゃんにオススメのキャットフードです。

シンプリーもカナガンとモグニャン同様、非常に安全性の高いプレミアムキャットフードなのですが、メインで使われている素材が違ってきます。

シンプリーをオススメするポイントはこちら

  • 原材料の50%以上がサーモン
  • 全ステージの猫に対応
  • 高タンパク高カロリー

シンプリーは原材料が魚メインで作られており、穀物も不使用なので魚が大好きな猫ちゃんにピッタリです。

モグニャンよりシンプリーのほうが高タンパク高カロリーとなっています。

使われている素材はヒューマングレードで作られているため安全なキャットフードです。

サーモンをメインで使っており、キャットフード自体の匂いが結構キツく感じるかもしれませんが着色料は一切使われていません。

サーモンの自然な匂いが猫ちゃんの食欲を刺激してくれます。

肉が苦手で魚が好きな猫ちゃんには、こちらのシンプリーをオススメします。

一袋3960円、こちらも定期コースにすることでお得に購入出来ますよ。

ナチュラルチョイス

キャットフード

ナチュラルチョイスは海外で作られているキャットフードで、ペットショップ(専門店)や通販(Amazon、楽天)などで購入が可能です。

ストックがなくなったときに手軽に購入出来る、という意味では一番オススメですね。

ナチュラルチョイスをオススメするポイントはこちら

  • 主原料にアレルゲンになりにくいダック生肉を使用
  • 着色料不使用
  • 穀物不使用
  • ラインナップが豊富
  • 専門店で購入可能

添加物を使用しておらず、良質な素材で作られているキャットフードです。

ナチュラルチョイスには穀物が含まれているキャットフードもありますが、ダック肉を使用しているグレインフリー(穀物不使用)のキャットフードもあるのでそちらをチェックしてみてください。

ペットショップなどの専門店で購入出来て、安心して与えることの出来るキャットフードは中々ありません。

カナガン、シンプリーが高い…と思っている方は一度、ナチュラルチョイスをチェックしてみてください。

サイエンスダイエット

サイエンスダイエット

ヒルズのサイエンスダイエットは、大手のプレミアムキャットフードブランドです。動物病院などでも目にすることが多いのではないでしょうか。

サイエンスダイエットは、ホームセンターや専門店、通販でも購入が可能なので手に入れるのが非常に楽です。

サイエンスダイエットをオススメするポイントはこちら

  • ラインナップが豊富
  • 動物病院で取り扱いがある
  • 市販されている

ヒルズという大手のメーカーが作っているキャットフードなので安心感はありますが「穀物フリー」のキャットフードはラインナップの中にありません。

穀物は猫がアレルギーになる可能性もあるので、個人的には穀物フリーのキャットフードをオススメしますが、動物病院でも推奨されているキャットフードなので安全性は高いです。

上記で紹介したキャットフードよりもサイエンスダイエットの方が値段的にもお手頃になりますが、個人的には猫に必要のない穀物やビートパルプ(大根の搾りかす)が入っているところは気になります。

ですが、市販の格安キャットフードと比べると段違いで質は良いので格安のキャットフードを与えるよりもサイエンスダイエットなどのプレミアムキャットフードを与えましょう。

キャットフード選びに重要な点

キャットフード選びの際に、まずここをチェックして欲しい!という点を簡単に書いておきます。

猫の体に良いもの、悪いものをまず知っておきましょう。キャットフード選びがしやすくなります。

まずキャットフードを購入する際に、これらの項目があるかチェックしましょう。

  • 穀物類(小麦、とうもろこしなど)
  • 添加物(着色料、保存料、酸化防腐剤)
  • 家禽ミート、ミートミールなど(副産物)

上記の3つは、猫の体に良くない材料です。

これらが入っていると、若い頃は何ともなくても高齢になると病気にかかるリスクが上がってしまいます。

特にミートミールは材料の詳細が書かれていないので、何が原材料になっているのかわかりません。

大事な家族である猫ちゃんが病気にかかるリスクを下げるために、若い内から安全なキャットフードを与えましょう。

通販の定期購入を活用しよう

私は今までキャットフードは市販でまとめ買いをしていたのですが、カナガンやシンプリーに変えてから通販がどれだけ楽なのかを実感しています。

市販でキャットフードを購入している場合、荷物が多くなり買い忘れも出てきます。

猫のエサがないとなると一大事ですし、毎回外に買いに出なくちゃいけないのでバタバタしがちです。

ですが通販の定期購入にすることで、買い忘れをすることもなくなって外に買いに行く必要もありません。

そして何より家までキャットフードを届けてくれるのは、特に女性にとってはありがたいですよね。

キャットフードをまとめ買いすると、かなり重くなるので運ぶのが大変です…。

カナガン、シンプリーは、定期購入にすることで割引も受けられるのでお得に購入できるのも大きなポイントです。

定期コースにするとキャットフードがなくなる頃に家にキャットフードが届くので、余分に買い物に行く必要がなくなり非常に楽になります。

キャットフードの通販を最大限に活用することで、時間に余裕も持てますよ。

キャットフードはなぜ国産ではダメなのか

市販されているキャットフードは国産のものが多いのですが、キャットフードに関しては国産は全くオススメできません。

日本では2009年に「ペットフード安全法」という法律が出来ました。

これによって多少はペットフードの安全性が良くはなりましたが、動物愛護先進国と比べるとまだまだ安全とは言えない状況です。

国産のキャットフードには、人間が食べるものに使えない添加物を使っていたり、人間が食べることのできないミートミール(動物の死骸や骨や内蔵などを粉末状にしたもの)もまだ使われていることがあります。

なのでキャットフードに関しては国産はまだ危険だと判断しています。

動物愛護先進国のイギリス

私が上記でオススメしたキャットフード(カナガン、シンプリー)は原産国がイギリスです。イギリス(ヨーロッパ)は動物愛護先進国として有名です。

ペットに関しての考え方が日本とは全く違い、動物に関しては厳しい法律があります。

イギリスではペットは子供と同じような立ち位置にあり、キャットフードに関しても審査が厳しく、製造工場から素材までとことんこだわっています。

グレインフリーや高品質な素材など…まだ国産のキャットフードでは難しいところがあるので、愛猫に長生きしてもらうためにも猫のことを第一で考えられて作られている安全なイギリス産キャットフードを与えるのがオススメです。

ナチュラルチョイスやサイエンスダイエットも国産ではなく、米国で作られたキャットフードなので安心です。

美味しくて安全なキャットフードまとめ

私は猫を飼い始めてからキャットフードの原材料などについて知りました。

人間もそうですが、基本的に食事がメインとして身体が作られているので添加物たっぷりの食事を与えるのは怖いですよね。

長期的に見て、猫ちゃんに長生きしてもらうためにも普段から体に良いものを摂取することで、毎日の健康につながっていくのではないでしょうか。

猫ちゃんにはそれぞれ好みがあり、どのキャットフードを気に入ってくれるかはわからないので、まずはお試しをしてみることをオススメします。

ステージ別でオススメキャットフードをまとめてみました。

遊びたいざかりの子猫~成猫→カナガンキャットフード

魚が好きな猫ちゃん→シンプリーキャットフード

タンパク質やカロリーを抑えたい猫ちゃん→モグニャンキャットフード

愛猫に合った安全なキャットフードを見つけてくださいね。


投稿日:2017年9月13日 更新日:

Copyright© ねこほう , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.