猫から回虫が出たら「レボリューション」って駆虫薬が楽でオススメ!回虫が出た時の対処法まとめ

投稿日: 70,078 views

我が家では拾ってきた猫が3匹ほど生活していますが、3匹目にて衝撃的な出来事があったので紹介したいと思います。

それは回虫が出てきたってやつです!まさかこんな日が来るとは思ってなかったのでビックリ!って事で色々調べたのでついでに情報をシェアしたいと思います。

今回紹介する「レボリューション」はこれの事です。

販売サイト→レボリューション猫用

猫の嘔吐物から回虫を発見

猫のミコちゃんがが先日嘔吐をしました。ミコちゃんとは昨年12月に拾ったばかりの猫ちゃんで、当時子猫でしたが、最近は徐々に大きくなってきて避妊手術をしたばかりの子です。

猫は結構頻繁に嘔吐します。毛玉だったり、食べたものだったり、何度も嘔吐してくれます。だからいつもの事なので奥さんが処理しようとしたら、突然怯えだすではありませんか。

そこには生きている細長いミミズみたいなやつがウネウネしていました

ビビった奥さんが急いで俺を呼んで近くで見て「こりゃー寄生虫でしょうねぇ…」と無駄に冷静に反応する俺、虫は大嫌いですがこの程度なら怖くはありません。

とりあえず病院に連れて行く事をこの時点で決めたので、出てきた寄生虫を捕獲して連れて行こうかと思いましたが、さすがにそれは気持ち悪いのでサクッとiPhoneで撮影して行く事に。その際に画像を撮ったおいたんですが、リンクで表示しておきます。嘔吐物もモザイク無しで写ってるので注意、ちなみにこれは猫の餌を吐いたようです。

( ・(ェ)・)つ【閲覧注意】猫の嘔吐物と回虫【無修正】 ※細長いミミズっぽいのが回虫です、複数いる事が確認出来ます。

この画像を持ってミコちゃんを連れてとりあえず病院へ、ミコちゃんは病院で里子に出されていた子で、そこで引き取ったので先生は総てを承知の上です。

動物病院で回虫について教えてもらう

いつも笑顔が素敵な先生に最初「回虫って持ってきました?」と笑顔で聞かれて「殺しちゃいましたwww」と笑顔で返しつつも「画像は撮っておきました」と見せたら「あーこれは回虫ですね、沢山出ましたねぇ~ww」と笑顔で図鑑を見せてもらって教えてもらう。そこで回虫についての説明も受ける。

回虫が人間に感染する例

猫の回虫が人間に感染する例もあるそうですが、年間に10数件ぐらいしかないそうです。回虫は糞に卵が引っ付いていて感染するそうで、回虫持ちの犬・猫の糞を触ったり誤って食べたりする事で口から感染するとの事。

ただしこの卵は排泄してから7~10日間してから感染力を持つそうで、毎日猫のトイレの掃除をしているなら何ら問題がないとの事です。

ただ念の為に猫の糞を持っていけるなら小指の半分程度のサイズを持って行くと先生に卵があるかどうかチェックしてもらえるそうです。うちは3匹が適当にトイレを使っているので判別が出来なかったので持って行ってません。

スポンサードリンク

回虫はレボリューションで駆虫が可能

先生にもらったのはノミ・ダニ・フィラリア予防で有名な「レボリューション」と言うお薬です。

レボリューションでの駆虫のやり方

猫用レボリューション
使い方は簡単、この蓋に針みたいなのがついているので、蓋を押し込む事で穴が開きます。これを猫の首の根元の地肌につければOKです。一箇所に全部つけつずちょこちょこと別の位置につけると良い感じみたいです。

猫用レボリューション
ついでなのでハムとマロにもレボリューション投与、感染している可能性を考慮しての念のためです。首の根本にする理由は、そこなら猫が自分で舐める事が出来ないからです。それ以外は届くから注意。

ちなみに毛が分けられている部分にレボリューションを引っ付けて薬の所を指で押せば液体が出て来るので、地肌に染み込ませればそれで終了です。飲ませる薬と違って吐かれる心配もありません。後は猫を複数飼ってる場合はお互いが舐めないように気をつけるだけです、うちの猫達はこの匂い嫌いなんで勝手に逃げますけどね…笑

回虫が出たらやる事

出来れば回虫を持って病院に行く(最低でも画像撮影)猫の糞も持っていくとなお良い。多頭飼いの場合、レボリューションは全員にやった方が良い。ただしレボリューションは成虫にしか効かないそうで幼虫は残っちゃうとか…。

だから二度やると良いそうですね。元々レボリューションは月に1回しかやっちゃダメなはずなので、翌月にまたやる感じで良いんじゃないでしょうか?

どっちにせよ病院には絶対に行った方が良いので、まずは病院に行って先生の話を聞く事をオススメします。でも出てきた時のインパクトとは違って、大した問題ではないみたいですね…。

レボリューションはフィラリア対策などで大事

元々レボリューションって薬はノミ・ダニ・フィラリア対策で大事なものなんだそうです。

更に回虫にも効くってんだからマジで大事よね…絶対にやった方が良いと思うレボリューションは。

ちなみに一応Amazonにもあったけど、念の為に最初の一発目だけは絶対にお医者さんに聞いた方が良いと思いますよっと。下手に使って猫ちゃんに何かあったら大変ですからね!いやまぁうちは問題ありませんでしたが…。

ちなみにこちらでも売られていました。

販売サイト→レボリューション猫用

回虫が出た時に気をつける事まとめ

  • トイレは毎日掃除しよう
  • レボリューションが便利(口から入れる薬だと吐いちゃう)
  • 猫が複数いるなら全員レボリューションやっておこう
  • 時間を置いてまたもう一度やっておくと安心(時期は先生に聞こう)
  • トイレは毎日掃除しよう

だいたいこんな感じですかね…俺も最初に回虫が出た時は「オイオイ大丈夫かいな!」って思いましたが、糞から感染する事、そして糞は排泄してから数日経たないと感染力がない事に気付いてからは全然気にしなくなりました。

ちなみに口同士での感染の可能性は低いそうです。でもどっちにせよ猫ちゃんと口同士でチューするのは本当に危険なんだなぁ…って事が今回の回虫騒ぎでよくわかりました。

猫の(に限らず動物には)口内には人間にとって有毒な雑菌があるってよく聞きますけど、やっぱりそうなんだなぁ…皆さんもお気をつけ下さい。

本当にこういう時に信頼出来る動物病院が近くにあるって大事だと思うので、ちゃんと信頼できる動物病院は把握しておいた方が良いと思いました。

我が家の猫にレボリューションを使ってみた

では実際に使ってみた時の要素を画像で紹介してみます。

マロ

レボリューションはまだ2回目だから、よくわからないマロちゃん。

ハム

食べ物じゃないよ!

毎回言ってる気がするな。袋のようなパリパリとした音がすると、食べ物だと思って寄ってくる2匹。単純で可愛いです。食べ物じゃないけどね。

ハム

準備中です!小さいチューブのようになっており、キャップに針のようなものがついてるので、キャップを押しこめばチューブに穴が空くので準備完了!

投与しているところも写真か動画に撮りたかったのですが、あまりにもハムちゃんとマロちゃんが暴れるので撮ることができませんでした…。

なので、投与した後の写真をどうぞ!

マロ

こんな感じで、猫が自分で舐められない場所に投与します。首根っこあたりの毛をかき分けて皮膚に薬(液体)を塗りつけるだけでOK!!それだけで終わりです。

ハム

ハムちゃんだとこんな感じ、ハムちゃんはわかりにくいですね。

猫が2匹いるので、乾燥するまではお互いに薬の部分を舐めないように注意しておかなくちゃいけないですが薬はすごくアルコール消毒臭いので大丈夫でした。

乾燥すると毛がパリパリになるので、そしたら放置してOKです。

でもやっぱりレボリューションは、アルコール消毒の匂いがすごくキツイので、マロちゃんはずっとクンクンして気になるようです。

マロ

首根っこにつけてあるからねぇ。匂いの場所はマロちゃんはよくわからないかもしれないね。臭いかもしれないけどちょっとの我慢だからね。

マロ

うーん、残念。

マロ

うーん、残念…。

どうしても匂いが気になるマロちゃん。ものすごい毛づくろいばかりしています。

マロ

臭いよね、うん、すごい顔だね…

まぁでもすぐに匂いは消えるから。乾燥するまでの我慢だから。

マロ

でもやっぱりきになるマロちゃん。

すごいクンクンしてます。

マロ

レボリューションをした後、1時間くらいはこんなことばかりしてました(笑)

マロちゃんはきれい好きなのでずーっと毛づくろいしてました。

このとき、ハムちゃんは嫌なことをされたのでずっと走り回って逃げまわってました。

レボリューションをした後、2~3時間後くらいにはお風呂やシャンプーをしてもOKなので匂いや毛のパリパリが気になる場合でも大丈夫です。

猫はフィラリア症にかかりにくいと言ってもかかってからじゃ遅いので、予防はしておいて損はないですよ!

というわけでハムとマロのフィラリア予防編でした!

販売サイト→レボリューション猫用

関連記事

猫風邪の症状と治療法まとめ…ワクチン接種で予防をしよう

猫の病気「猫風邪」について書きたいと思います。 人間の風邪と違い、猫風邪は一回感染ってしまうと中々治りづらくウイルスが体内に残ってしまうので再発する可能性も非常に高い病気です。 症状は「鼻水」や「くし ...

猫に鰹節をあげすぎない方が良い理由…尿結石や腎不全の原因になる可能性もあり

猫が好む食べ物と言えば「かつおぶし」を想像する方が多いと思いますが、実は猫にかつおぶしを与えすぎるのは危険なんです。 今回はかつおぶしをあげすぎることによって起こる病気や、どれくらいまでなら与えても良 ...

猫の目やにが茶色な理由は?病気に繋がる症例と綺麗に取る方法まとめ

猫の体の中で病気を疑う症状の中に「目やに」があります。 犬は目やにが出やすいイメージがありますが、猫に目やにが出ているのはあまり見たことがないかと思います。 私は猫3匹飼っていますが、その中の1匹が目 ...

猫の口内炎の症状や治療法まとめ…再発しやすく完治が難しい病気

猫の病気「口内炎」について症状や治療法などをまとめて書きたいと思います。 比較的早い年齢から口内炎になってしまう子も多く、治療にも時間がかかってしまう病気です。 口内炎は人間にもよく出来るものですが、 ...

猫が毎日のようにエサを吐くときの対処…キャットフードを見直そう

私が飼っている猫のマロちゃんは、今まで食事後に必ずと言っていいほど吐いていました。 毛玉を吐くわけでもなく病気でもないので、ずっとそういう体質なのかなと思っていたのですが、エサをカナガン(プレミアムキ ...

Copyright© ねこほう , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.