キャットフードのグレインフリーとは?穀物は消化不良や肥満の原因に!

投稿日: 207 views

大麦

今はたくさんあるキャットフードの中でも「グレインフリー」というものが人気です。

なぜグレインフリーのキャットフードが人気なのか、グレインフリーはそもそも何なのかを説明していきます。

私の家の猫が食べているキャットフードもグレインフリーのものを与えています。

スポンサードリンク

グレインとは?

グレインは穀物のことです。

つまりグレインフリーとは、穀物不使用という意味になります。

穀物不使用が何故良いと言われているのか、それは猫に穀物は全く必要ない栄養だからです。

ですが、売っているほとんどのキャットフードには穀物が入っているのが事実です。

では何故、猫に不必要な穀物がキャットフードに含まれているのか説明したいと思います。

キャットフードに穀物が使われる理由

穀物がキャットフードに使われている理由は「かさ増し」のためです。

猫は肉食なので、基本的には肉類を一番多く摂取するのが大切なのですがキャットフードにたくさん肉を使うとコストがかかってしまうので「穀物」が大量に使われています。

猫に全く必要のない穀物がキャットフードに入っているとなるとやはり、栄養面で心配になりますよね。

私も今までは何も考えずに安いキャットフードを与えていたので、穀物について知ってからはキャットフードをしっかりと選ぶようにしています。

安いキャットフードに注意

市販の安いキャットフードには、穀物がたくさん入っています。

ペットフードの表記には、一番最初に一番多く入っている原材料を表記しなければいけないのですが、安いキャットフードには最初に「穀物・穀類」と書かれていることが多くあります。

つまり、肉類が一番必要な猫のエサにかさ増しで穀物が一番多く入っているということです。

安いキャットフードだと、さらに「ミート類、ミール系」も使われていることが多いです。

穀物が多く入っていることで、猫ちゃんにデメリットもあります。

穀物は猫が食べることで害になることはないのですが、わざわざ必要のないものを食べる必要はないですよね…。

穀物はアレルギーになる可能性がある

全部の猫ちゃんがアレルギーになるわけではないのですが、体が弱い猫ちゃんになると穀物をたくさん摂取することによって穀物アレルギーを起こしてしまう可能性があります。

うちの猫マロちゃんもアレルギー反応が出ていたのですが、穀物アレルギーが疑われていました。

穀物はアレルギー反応を起こしてしまうと、穀物が入っているキャットフードは食べられません。

人間のアレルギー反応と同じで皮膚炎が出来てしまったり、下痢を起こしてしまうこともあります。

その可能性があることを考えると、なるべくならアレルギーになる前からグレインフリーのキャットフードを選んで、アレルギーになるリスクをなくしましょう。

穀物は消化が悪い

猫にとって穀物は必要のない栄養なので、穀物が大量に入ったキャットフードだと消化に時間がかかるので下痢や便秘気味になってしまう危険性もあります。

穀物はお腹に残りやすいので、肥満気味になってしまったり胃の消化などに影響を与えてしまいます。

穀物が入っているキャットフードを与えていて、便秘や下痢気味になっている場合はアレルギーを疑って、キャットフードを見直す必要があります。

スポンサードリンク

グレインフリーのキャットフード

グレインフリーのキャットフードには、穀物によるかさ増しがされていないため多少値段は高くなりますが、高品質で安全な食事を与えることが出来ます。

グレインフリーを与えることでの猫ちゃんのメリットをまとめてみました。

  • 余分なものが入っていない
  • 穀物が入っていないので食いつきが良い
  • 消化がスムーズ
  • アレルギーの心配がない
  • 病気のリスクが減る
  • タンパク質が豊富

グレインフリーとなると、余分なものは一切入っていないのでその分お肉や魚などのタンパク質がたっぷり入っています。

なので、必要な栄養素がしっかりと摂取することが出来ます。

さらに、高品質な材料を使っているキャットフードだとヒューマングレードと言って人間が食べられるレベルのお肉や魚を使っているものもあります。

その分値段は高くはなりますが…より安心して猫ちゃんに与えることが出来ますね。

私が実際に使ってみた安心して与えられるヒューマングレードの素材でグレインフリーのキャットフードを記事で紹介しているので、こちらからチェックしてみてください。

穀物は猫にとって不要なものです。

病気にかかるかもしれないリスクを考えると、子猫の時代から高品質なキャットフードを与えて、丈夫な体つくりをすることが大切です。

猫の健康を考えてキャットフードを見直そう

人間と一緒で猫ちゃんの体も、食べるもので作られています。

安いキャットフードだと穀物がメインで作られているフードが多いので、原材料を確認してみてキャットフードを見直してみましょう。

特に子猫の時期は、体の基礎の部分を作る大切な時期なので高品質なキャットフードを与えることをオススメします。

グレインフリーのキャットフードは値段が結構します。

だからといって、穀物が入っているものと入っていないものをコロコロ変えていると猫のお腹を壊してしまうので、グレインフリーで好みのキャットフードを見つけたら続けて与えることをオススメします。

今では色々なメーカーでグレインフリーのキャットフードが販売しているので、探しやすいのではないかなと思います。

猫は肉食動物なので、余分な穀物は食べないほうが自然な状態です。

アレルギーや肥満にさせないためにも、キャットフードの原材料をチェックすることはすごく重要です。

健康で長生きしてもらうためにも、猫ちゃんの食事を見直してみてくださいね。

関連記事

猫用オヤツ「ちゅ~る」の食いつきがすごい!粉薬を飲ませる時にも便利

私の飼っている猫のハムちゃんとマロちゃんがすごくハマっているおやつ「ちゅ~る」を紹介します! SNSなどで食いつきが良いと評判なので知っている方も多いとは思いますが、食欲がないときやお薬を飲ませる時に ...

猫のウェットフードの種類と与え方まとめ…総合栄養食を選ぼう!

今回は猫のウェットフードについて詳しく書いていきます。 猫のご飯にはドライフードとウェットフードがあり、普段与えるご飯としてはドライフードがオススメという記事を以前書きました。 合わせて読みたいキャッ ...

サイエンスダイエット「インドアキャット」を猫に与えてみた感想…便通が良くなりました

動物病院でよくオススメされる、ヒルズのサイエンスダイエットのキャットフードを猫に与えてみました。 プレミアムキャットフードの中でもヒルズのサイエンスダイエットは有名かと思います。 今回はサイエンスダイ ...

キャットフードの種類と与え方…普段はドライフードをあげよう

キャットフードにはどんな種類があるのかご存知でしょうか。 初めて猫を飼う方は、市販のペットフードコーナーを見たときに色々な種類があってどのフードを与えれば良いのか迷ってしまう方もいるのではないでしょう ...

キャットフードの保存方法…密封容器に入れて酸化を防ごう!

猫が普段のご飯として食べるキャットフードの保存方法はご存知でしょうか。 キャットフードも人間の食べ物と一緒で、封を開けたまま放置してしまうと酸化したり湿気ったりしてキャットフードの状態が悪くなってしま ...

Copyright© ねこほう , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.