猫が寂しい時にする行動と対処法まとめ…適度に構ってストレス解消させよう

投稿日: 17,752 views

ハムとマロ

猫ってツンデレであまり甘えないようなイメージがありますが、猫が寂しがってるときはどんな行動をするのかご存知でしょうか。

うちの猫は甘えん坊なので、寂しいときの行動が結構見られるのですがどういう行動をするのか紹介したいと思います。

意外と猫ちゃんが寂しいというサインを飼い主さんに送っているかもしれないのでチェックしてみてくださいね!

猫は寂しがるの?

猫は自由気ままで一匹で過ごしている事が多いので、寂しい感情とかないような気がしますが(笑)実際はそうでもありません。

特に、母猫と離れるのが早かった猫ちゃんや家の中だけで生活している猫ちゃんは寂しがりになりやすい傾向にあります。

寂しがり、甘えん坊な猫ちゃんの特徴として「後追いをする」というのがあります。

飼い主がどこに行くとしても後からついてくるのは寂しがりな猫ちゃんの特徴です。

あまり行き過ぎると「分離不安症」という心の病気になってしまうので気をつけましょう。

猫が寂しいときの行動

猫が寂しがっているときの行動はどんなものがあるのか紹介したいと思います。

犬みたいに「かまってー!」と来るわけではないので非常に分かりづらいのですが、行動を知っておくと気持ちが分かりやすくなるのではないかなと思います

前足でふみふみする

猫が喉をゴロゴロ鳴らしながらフワフワの柔らかいところで前足をフミフミしてるのを見たことがある人は多いかと思います。

猫が毛布などの柔らかいものをフミフミしているときは「甘えたい時」「安心」「眠いとき」などの理由がありますが、信頼している相手の前でしかしません。

ふみふみするときは甘えている状態なので、撫でてあげましょう。

母猫と早く離れてしまった猫ほど、ふみふみする傾向にあるそうです。

なので寂しがりな猫ちゃんほど、よく見かける行動ですね。

ただ、あまりに寂しがりな子はフミフミする状態から毛布をかじったりして食べてしまう「ウールサッキング」という病気になってしまうこともあります。

うちのマロちゃんがウールサッキングでした。

ふみふみしているときに毛布がヨダレまみれになったりする場合は注意しておいたほうが良いです。

ふみふみしないからといって、飼い主のことを信頼していないというわけではないので安心しましょう。

あまりふみふみしない猫ちゃんは、自立している証拠なのでそれはそれでクールなので猫らしいとも言えますね(笑)

邪魔をしてくる

家猫とかに多いと思うのですが、甘えん坊、寂しがりな猫ちゃんは飼い主が何か作業をしようとすると邪魔しにきます。

犬のように近くでワンワン吠えたり暴れたりと、そういう分かりやすい構ってアピールではありません。

例えば、飼い主が新聞紙を読むときやパソコンで作業をしているときに、寂しいとその上に乗って座ります。

新聞紙の上に座ったり、キーボードの上に乗ってきたり…猫なりの構ってアピールですね。

邪魔してくる場合には諦めておもちゃで遊んであげたりすると満足します。

真剣に作業をしているときはかなり邪魔ですが、無言の構ってアピールも猫好きにはたまりませんね…(笑)

長く大きな声で鳴く

猫はあまり鳴かない動物ですが、寂しいときは大きな声で長く鳴きます。

猫の鳴き方にも色々ありますが飼い主を見つけた時に「にゃ~~~」と長く鳴いた場合には寂しさを感じているので相手をしてあげましょう。

私が飼っているサビ猫のミコちゃんは、家の中でも姿が見えなくなると長く鳴いています。

家の中ではち合わせたときもしっかりと目を見て「にゃーーーーー」と訴えてきます(笑)

あまり後追いがひどいと分離不安症になってしまうので、構いすぎずに適度に相手をしてあげることが大切です。

寂しがっているときには、遊んであげたり撫でてあげたりとスキンシップをしっかりととりましょう。

スポンサードリンク

「寂しい」がストレスにならないようにしよう

普段からあまり構いすぎていると、飼い主がいないことにストレスを感じてしまうようになります。

ストレスを感じてしまうと、粗相をしてしまったりいたずらをすることもあります。

猫が寂しいと近づいてくるときだけ相手をしてあげて、普段はなるべく放置しておくのが適度な距離感だと思います。

特に家の中だけで飼われている猫ちゃんは、突き放されることなくいくらでも人間に甘えることが出来るので飼い主に依存しやすい環境です。

猫が飼い主依存症になってしまわないように気をつけましょう。

寂しいときは相手をしてあげることが大切

普段から猫に構う必要は全くないですが、猫が「相手して~」って来るときには寂しさを感じているときなので相手をしてあげましょう。

おもちゃで遊んだり、撫でてあげるだけでもスキンシップになります。

抱っこは好きじゃない猫ちゃんも多いので、注意しましょう。

人間と同じように、寂しい時に相手をしてもらえると猫ちゃんも嬉しいので上記の行動で「寂しいアピール」が見られた場合には相手をしてあげることが大切です。

寂しい時の行動を知って相手をしてあげることで、更に猫ちゃんとの信頼関係が深まりますよ。

少しでも猫ちゃんの寂しい時の行動について参考になれば嬉しいです。

関連記事

猫が嫌がる抱っこと好む抱き方…小さい頃から膝の上で温めてあげると慣れるのでオススメ

猫が実は抱っこを嫌う事を知ってましたか? もちろんこれまた個人差がありますが、基本的にはあまり好かれません。 でも猫に抱っこを慣れさせる方法はあります。今回はそれについてちょっと紹介したいと思います。 ...

猫のヒゲの役割と向きで分かる感情まとめ…切るのは絶対にダメ!

猫のヒゲは長くて可愛いですが、どんな役割をしているかご存知でしょうか? 猫のヒゲは絶対に切ってはいけない、と言われているくらい猫にとって大切な部分です。実は、切ってはいけない理由がヒゲの役割に繋がって ...

返事をする猫の特徴は「普段からよく鳴く」…尻尾や顔で返事をする子もいます

猫によって大きく異なりますが、実は結構猫ちゃんも返事をする事を御存知でしょうか? うちの場合はハムちゃんだけが頻繁に返事をする猫になっております。 マロは般的な猫同様に尻尾で返事をする猫になっておりま ...

ロシアンブルーの性格や特徴まとめ…大人しく飼い主に忠実な猫

私が飼っている猫ちゃんは拾った猫なんですけど、なんとロシアンブルーなんですね。 ロシアンブルーといえば高貴な猫というイメージが強いかと思いますが、今回は実際に飼っている体験談も含めてロシアンブルーの性 ...

猫に服は着せても良いの?長時間はストレスが溜まるので気をつけよう

犬が服を着て散歩しているのをよく見かけますが、猫は服を着せても大丈夫?と疑問に思う方は多いのではないでしょうか。 ネットを見ていると、服を着た猫ちゃんを見ることも多いのですが、実際に飼ってみると大人し ...

Copyright© ねこほう , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.