警戒心が強い野良猫や捨て猫を拾ったら無視が一番好かれる方法…やっとミコちゃんが僕に懐いてくれました

投稿日:2016年2月25日 更新日: 12,054 views

以前も何度か書いていますが、我が家のミコちゃんは2014年末に我が家に来た捨て猫ちゃんです。

捨て猫時代が長く、家に来た時点でミコちゃんは常に怯えているような状況でした。

そんなミコちゃんが、1年ちょい経った今は僕にも慣れてくれたので、そこに至る経緯について紹介したいと思います。思えば1年もかかったんだなぁ…と長く感じます。

スポンサードリンク

警戒して懐かない猫だった

ミコちゃんは最初から凄く警戒して懐かない猫でした。野良猫時代が長く、引き取った時点でかなり大きかったので、人間に警戒する癖がついていました。

ふと目を離した隙にトイレシートの下に隠れているような、そんな猫でした。

当時のヤバさは記事に残してあります。

先住猫であるハムとマロの警戒っぷりもヤバかったんですが、それ以上にミコちゃんが人間に懐かなくて困りました。嫁氏には比較的早く懐いたんですが、他の人間に一切近付こうとしません。

そばを歩くだけでビビって逃げる

これは今もあまり変わりませんが、そばを人が歩いているだけでミコはビクッとして逃げて行きます。

猫なんてそんなもんかもしれませんが、ハムとマロが人間に慣れすぎて全くそんな反応がないので、逆にこちらにとっては新鮮であると同時に「この子は大丈夫か?」なんて不安にもなりました。

また奥さん以外からは餌をもらおうともしない徹底ぶりで、僕も最初はなんとかその状況を脱出しようと色々と画策したものでした。

大好きなお菓子も恐る恐る食べるレベル

少しでもミコちゃんと仲良くなりたくて、色々な事をしてみたんですが全然ダメでした。大好きなお菓子をあげてみたりもしてみたんですが、その時は食べても恐る恐る食べる程度です。

ちなみに嫁氏が渡すと喜んで食べます…何故嫁氏がこれだけ好かれて、僕が嫌われているのか最初わかりませんでした。

だってミコちゃんはうちの母ちゃんも、娘もビビっていたからです…何故か嫁氏にだけは懐いて他の人には警戒心がMAXなままでした。

その状況をなんとか打破したくて色々と試した結果、ようやく僕は応えを見出しました。

猫は無視した方がなつく

ミコに構う事をやめたのです。ミコと遊ぼうとおもちゃを出したりせず、徹底して存在そのものを無視しました。

一切撫でる事もせず、呼びかける事もしなくしました。ハムとマロは呼びかけたり撫でたら喜ぶのでそのまま、ミコにだけ敢えて一切そういう事をしなくしました。

そうやって無視をする事で変化が起き始めました。これは変化が起きた時点で記事にもしています。

無視をすると相手から寄ってくる

猫は気まぐれなので、追いかけると逃げますが、無視して放置していると寄ってきます。果たしてこいつは危険なのか?無害なのか?と確認しに来るんです。

そこで喜んで触ろうとするとまた逃げるので、それでも完全に無視しましょう。ずっと無視をしていると、猫の方から呼びかけてきます。

僕が初めてミコから呼びかけられたのは、家族が出かけている時でした。

ハムやマロがそういう時に「構って〜」って僕の前に来るのはいつもの事でしたが、珍しくミコが僕のデスクに近付いてきました。以前はそういう時に「どうしたのー?」って声をかけて逃げられたので、それでも無視してPCでの作業に没頭したんです。

するとミコが僕の目の前に来て「にゃーん」と甘えてきました。手にスリスリしてきたのです…!!

ハムとマロが僕がPCの作業をしている時に手にスリスリして邪魔しに来るのは日常茶飯事ですが(現に今もハムちゃんは僕のChromebookの奥に座っています)ミコがスリスリしてきたのは初めてでした。

そこでちょっと顎を撫でてあげたら、ゴロゴロ言い出してスリスリしてきました。もう本当に「とうとうこの日が…!!」と大喜びしましたよ。

なんか恋愛ゲームで難易度の高いキャラと恋仲になったかのような気分でした…笑

警戒心が強い猫には手は下から出す

その辺りで気づいたのは、ミコは恐らく人間から殴られた事があるのか、手を上から出すと怯えて逃げます。

また近くを歩いているだけで怯えます。要するに高い所から何か来る事に抵抗があるようです。ハムとマロはそんなのは一切ありません。

ミコだけがそうだったので気付くのが遅れましたが、手を下から出して顎に触れる分にはあまり嫌がらないのです…頭を撫でてはいけない事に気づいてからは、かなり楽になりました。

スポンサードリンク

今は自分から甘えてくるようになった

一緒に住んで1年ぐらいになった頃にその初めてのゴロゴロがありました。

そして今日なんかはもうこんな状態ですよ。

喜ぶミコちゃん

尻尾ぴんこ立ちで大喜びしております…!!(猫は喜ぶと尻尾が立ちます)

喜ぶミコちゃん

自分から頭をスリスリして「なでて〜」って言ってます。これ自分から突っ込んできてるんです。すでにゴロゴロ言いまくってました。

喜ぶミコちゃん

あまりにもゴリゴリ突っ込んで来るので、ブレました。

嫁氏が現れても無視して僕に突っ込む

これ僕が食後に部屋に来た際にこのような状況になってました。最初はてっきり奥さんを探して「にゃ〜」って鳴いてるのかと思って、扉を開けて「行っておいで〜」って声をかけたんですが、僕に突っ込んできました。

奥さんが姿を見せて「あらミコちゃーん!」と声をかけても、こんな感じで目は見てもずっと僕のそばでゴロゴロしておりました。

喜ぶミコちゃん

「とうとうこの日が来たか…!!」と僕の渾身のドヤ顔ですよ…笑

いやまぁそれでもミコちゃんは嫁氏の事が一番好きだとは思いますよ。あくまでこの時は「猫の気まぐれ」に過ぎないと思います。たまたま僕の所に来ただけのね…。

でも一瞬だけでも、ミコちゃんが僕の所に甘えに来てくれた事が嬉しかったですね…この時はたっぷり撫でてあげました。ついでにブラッシングもしてあげました(笑)

好かれた理由は放置したから

これもやっぱり僕が無駄に構わなくなったからなんですよね…。

最初は帰ったりする度に「ミコちゃ〜ん!」って裏声で近付いたりしてたので、よけいにミコに恐怖を与えてたんですよね…笑

元々が犬を飼ってたので、ワシャワシャする癖がありまして…ハムとマロは本当に小さい頃から一緒なので、そのもみくちゃにされるのも結構好きなんですよ。特にマロは好きです(笑)

でもミコは純粋な猫なので、そういうのを本当に嫌がるんですよね…今もずっと引っ付いたりはしません。自分が甘えたい時だけひっついてくる感じです、ザ・猫です。

だからこそ、放置をする事で好かれたんだろうなぁ…と本当に思います。未だにうちの母ちゃんは追いかけているので嫌われています…笑

ハムとマロに関してはもう完全に一緒に育った仲なので、何もしなくても好いてくれますが、別の猫の場合はそうはいかない事を実感しました…。

捨て猫から拾った子こそ放置した方が良い

ハムとマロみたいにほぼ赤ちゃんの状態で拾った場合は話は別ですが、ミコみたいにある程度大きくなってから拾った捨て猫に関しては、やはり多少放置した方が良いんだろうなぁ…と本当に思います。

あと改めて猫も幼少期の環境で随分性格が変わるんだなぁ…と「三つ子の魂百までも」とは言いますが、猫の場合は2〜3ヶ月で固まるんですかね…。

ハムとマロは僕達人間に一切警戒をしませんが、ミコちゃんの警戒っぷりはやっぱり凄いです。そういう猫こそ放置しないといけないんだなぁ…と改めて実感しました。

だから捨て猫に嫌われていると思っている人、すぐに逃げられる人は本当に放置してみてください。

でもやっぱり1年ぐらいは懐いてもらうまでに時間が必要なのかも知れませんね…伊達に警戒心が強い動物だと言われてないですね猫は…本当に警戒心が強かったです…。

元々動物には好かれやすいタイプだったはずなんだけどなぁ…引っ越しのバイトしてた時とか、ドーベルマンみたいな犬とかにも好かれてたんだけど…おかしい…犬だけだったのかな…笑

なんにせよ拾った猫、引き取った猫になついてもらえていない人は、一度諦めて放置するようにしてみてはどうでしょうか?

そのうち勝手に寄ってきますよ。

関連記事

猫の性別で見る性格まとめ…メスよりもオスの方が甘えん坊が多い

猫を飼う際に気になるのは「オス・メス飼いやすいのはどっち?」というところです。 私の場合は拾った猫なので、問答無用でメス猫を飼っていますが、初めて猫を飼おうと思った場合にはやっぱり性別は気になるもので ...

猫が移動する際に掛け声を出すって知ってた?高い所への登り降り時もよく鳴くよ

猫が実は人間同様に掛け声を出す事を御存知ですか? おしゃべりな猫と、そうでない猫が実は存在しますが、掛け声に関しては結構どの猫も沢山出すんですよ~。 今回はサビ猫のミコちゃんを例にして、掛け声について ...

猫の平均体重と体型のチェック方法…太りすぎには注意しよう

最近、ハムちゃんマロちゃんのワクチン接種ついでに定期検診に行ってきました! そこで、去年までちょっと太り気味かな?と言われていたハムちゃんの体重が、今年適正体重に戻り「素晴らしいですね!」と獣医さんに ...

猫が嫌がる抱っこと好む抱き方…小さい頃から膝の上で温めてあげると慣れるのでオススメ

猫が実は抱っこを嫌う事を知ってましたか? もちろんこれまた個人差がありますが、基本的にはあまり好かれません。 でも猫に抱っこを慣れさせる方法はあります。今回はそれについてちょっと紹介したいと思います。 ...

猫が手や顔を舐めてくる理由は?基本的には愛情表現や信頼の証だから好かれている証拠

※よだれまみれにして舐めてくるマロさんの画像。 猫を飼っていると、たまに驚くぐらい舐めてくる事がありますよね。 大小の個人差があるとは言え、この時に猫は何を思って飼い主の手を舐めているかご存知でしょう ...

Copyright© ねこほう , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.