猫の熱中症の症状と対処…冷房で早めの対策を!

投稿日:2017年4月21日 更新日: 9,458 views

猫

暑い夏がやってきたときに、猫も熱中症になるということをご存知でしょうか。

うちの猫は飼い始めてからもうすぐ2年なのですが、去年ハムちゃんが熱中症になりかけたことがありました。

今回はそのときの熱中症についての体験談を含め、病院へ行った際に教わった対策や症状などを書いておきます。

熱中症対策を早めにやっておくことで、熱中症になりづらい環境づくりが出来ますよ!

スポンサードリンク

猫の熱中症の症状

去年の夏、ハムちゃんは熱中症のような症状が見られました。

どんな症状かというと「口を開けてハァハァとしている」状態です。

運動をした後でもなく普通に過ごしているときだったので、すぐに何かしらの対処が必要だなと感じました。

よく犬が体温調節のときに口を開けてハァハァやると思うのですが、猫は基本鼻呼吸なので口で呼吸をし始めたら危ない証拠です。

この時点で熱中症対策を取らなくてはいけません。

ハムちゃんは口を開けてハァハァするだけで症状は治まりましたが、悪化してくると更に下記のような症状が現れてきます。

  • 食欲不振
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 目の充血

これらの症状が出てきたときには早めに動物病院へ連れていきましょう!

猫は人間のように全身で汗をかくことが出来ないので、体の中に熱がこもってしまいます。

熱中症が原因で最悪死亡してしまうこともあるので、熱中症だと分かった時点で早めに動物病院へ連れていくなどの対処が必要です。

私の飼っている猫のハムちゃんは呼吸も早くなっていたので、念の為に動物病院に行きましたが、軽度のものだったので何もせず帰ってきました。

人間もそうですが、猫も熱中症になる前から対策はしっかりとしておいたほうが良いです。

熱中症の症状に気づきにくい

猫は痛みや辛さを上手く隠す動物です。

なので、一見平気そうに見えても実は熱中症になっていた…なんてこともあるので気温が高い日は注意深く観察しましょう。

何もないと思っていたのに、突然倒れてしまうこともありえます。

ハムちゃんのように口呼吸をしていても、中々気づきにくいです。

重症化する前に、家の中での熱中症対策はしっかりと行うことが大切です。

熱中症になった際の応急処置

熱中症にかかった際の応急処置について書きます。

うちの猫は口呼吸をして、少ししんどそうにしている程度だったのでとりあえずは濡らしたタオルを体全体にかけてあげました。

ハム

体が暑かったのか、冷たいタオルをかけられても嫌がる素振りも見せずヒンヤリさせてました。

効率よく体を冷やす場合は、脇の下や首の後ろを冷やしてあげて下さい。

熱中症になっていると分かった時点で、体温が上がっている状態なのでとりあえずは体を冷やしてあげましょう。

早めに動物病院へ!

熱中症になっていると分かったら、体を冷やしつつ動物病院へ早めに連れて行ってあげてください。

水分が足りておらず、脱水症状になっている可能性もあります。

どういう状況かわからないので、とりあえずは動物病院へ連れて行くことをおすすめします。

実際に私も動物病院へ連れて行っています。

猫の状態を把握するためにも念のために動物病院へ行き、診察してもらいましょう。

スポンサードリンク

猫の熱中症対策

猫が熱中症にならないためには、早めの対策が必要です。

早めに対策をしておくことで、家の中だけで飼育している場合には熱中症になりづらい環境を作ることが出来ます!

猫ちゃんのためにも、家の中で出来る対策をチェックしてみてください。

エアコンを使う

猫はエアコンを嫌う、とは言いますが、家の中に涼しい場所がない場合はエアコンは必須です。

冷房を付けずに、部屋の中の温度がどんどん上昇してしまう場合は28度くらいに設定して冷房をつけっぱなしにしておきましょう。

ハムちゃんが熱中症にかかる前は「猫に冷房は良くない!」と思っていたのですが、熱中症にかかってしまったことのほうが怖いので今では夏場は冷房をつけっぱなしにしています。

冷房を付けるようにしてからは、熱中症にはかかっていません。

冷房は一部屋だけつけっぱなしにして、猫は他の部屋にも移動できるようにしています。

ただ、冷房の温度は低すぎると嫌がることが多いので気をつけましょう。

部屋の風通しを良くする

部屋の風通しが良い場合には、冷房を使うのではなく風を部屋に入れるのも1つの手です。

ただ、真夏の日だったりすると湿度も高くなって生ぬるい風になるので、冷房の方が良くなってきますね。

風通しの良い部屋が作れるのなら、部屋の中に熱中症対策グッズを置くのも良いですね。

部屋にこのようなクールマットがあるだけでも違います。

部屋の中に涼しい場所を作ることが出来る場合には、猫からすると冷房よりも快適な場所になるかと思います。

冷房を使うか、涼しい場所を作るのかは飼い主さんが状況を把握して判断しましょう!

猫の飲水がなくならないようにする

熱中症になると脱水症状にもなる可能性があるので、いつでも飲みたいときに水が飲めるように、飲水は切らさないように常に新鮮なものを用意しておきましょう。

水飲み場を一つだけにするとなくなってしまったときに困るので、最低3つは水が飲める場所を用意しておくと安心です。

今では、フィルターで水を綺麗に循環させるタイプの水飲みも売っています。

いつでも新鮮な水が常に飲めるように、水飲み場は多めに作ってあげて下さい。

熱中症は早めの対処が必要!

猫は肉球からしか汗をかくことが出来ないので、体温調整が上手く出来ません。

多少の暑さなら涼しい場所へ移動したりして乗り切りますが、あまりにも暑い場合には早めに冷房を付けるなどの対策をしましょう!

猫は寒い時期は丸まって自分で暖まる事ができますが、暑い場合はどうすることも出来ません。

冷房を付けるまでもない暑さの場合は、熱中症対策グッズなどを上手く活用して涼しい場所を作ってあげて下さい!

熱中症は最悪の場合死につながることもあるので油断できません。

飼い主が外出する日に気温が高くなる場合は、事前に冷房(28度設定)を付けるなどをして過ごしやすい空間を用意してあげましょう。

この記事が猫ちゃんの役に立てば嬉しいです。

関連記事

猫の毛並みが悪い原因と改善方法…体調が悪いときは病院へ!

猫の毛並みが悪いと感じたことはありますか? 猫の毛並みが悪いときには何かしらの原因があります。早めに原因を突き止めて対処することが大切です。 今回は、猫の毛並み・毛艶が悪くなった際の原因や改善策を書い ...

猫がお尻歩きをするのは肛門腺が原因かも…早めに動物病院へ連れて行こう

私は猫を飼っているのですが、最近猫がちょくちょくお尻をひきずって歩くようになりました。猫はあまりお尻を引きずって歩いたりしないと聞いたので、病院へ行ってきたのですが「肛門腺」が原因と言われたのでそれに ...

猫が病気になった際の手術費は高額!…保険に入っていれば安心して治療に専念できる

猫に限らず、ペットの治療費に大体いくら必要なのか皆さん御存知ですか? 実はかなり高額になっているんですよ!! そういう時に蓄えがないと、いざとなった時に大事な猫ちゃんの治療が出来ない…なんて事にもなり ...

マロちゃんのウールサッキングの症状が完治しました!

うちの猫のマロちゃんは生後6ヶ月頃にウールサッキングが発覚したので、最初の頃は家の中をあまり自由にさせていませんでした。 合わせて読みたい猫が布を食べてしまう異食症(ウールサッキング)についての対策と ...

猫の動物病院の選び方…緊急時に対応してくれるかどうかが重要!

猫を飼い始めると必ず通うことになるのが動物病院です。 大きな病気をしなかったとしても、予防接種や健康診断で通うことになるので、行きつけの病院を決めておきましょう。 今回は、動物病院を選ぶ際のポイントや ...

Copyright© ねこほう , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.