子猫の寒さ対策まとめ…エアコンの暖房がヤケドの心配もなく安全

投稿日:

子猫

猫は寒さに弱い生き物ですが、今回は子猫の寒さ対策を書いていきます。

子猫はまだ体が未発達で上手く自分で体温調整が出来ないので、体調を崩してしまいやすいので注意が必要です。

猫ちゃんだけでのお留守番などが多いとどうしても心配になってしまいますが、子猫でも安心して使える寒さ対策を紹介していきます。

少しでも参考になれば嬉しいです。

スポンサードリンク

子猫の寒さ対策

成猫は自分で温かい場所を見つけて暖まることが出来ますが、子猫になるとまだ自分で体温調整をするのが難しいため飼い主が気にかけてあげる必要があります。

普通の暖房器具ではヤケドや低温火傷の心配があるため、なるべく危険のないアイテムを選びましょう!

冬の寒い時期は猫ちゃんの体調が崩れやすい時期です。

寒くなって体調を崩してしまう前に寒さ対策をしていきましょう。

安全にできる子猫向けの寒さ対策を紹介していきます。

エアコン

エアコンは猫の届かない場所から部屋全体を暖めるものなので、危険が少ないです。

電気代が気になる場合はあまりオススメは出来ませんが、暖房器具の中では1番安全なものです。

子猫はやんちゃな時期で色々と悪さをすることもあるので、手が届かない場所から暖めることでヤケドの心配もありません。

寒くて体温が低くなってしまう心配もないので、個人的にはエアコンでの暖房が1番オススメです。

ペットハウス

冬用のペットハウスはモコモコな素材で出来ているものが多く、屋根もついているものが多いのでそれだけでも暖かいです。

こういうモコモコした素材のものを置いておくだけでも入って眠れば自分の体温で暖まるので家の中に1つはペットハウスを置いておくと寝床として使えます。

ペットハウスは暖房器具ではないので、ヤケドなどの心配もありません

お留守番が多い猫ちゃんは、このようなモコモコの素材のペットハウスを置いておくだけでも寒さ対策になります。

ただこういうモコモコの素材のペットハウスは猫ちゃんによっては、ウールサッキングで食べてしまう可能性もあるので最初のうちは様子を見ながら使っていきましょう。

こたつ

猫はこたつで丸くなる、という言葉があるように猫ちゃんはこたつが大好きです。

ただこたつは火事やヤケドの心配もあるので、猫ちゃんと一緒に使うとしても温度を低くしてジンワリ暖かい程度にしてあげましょう。

うちの猫もそうだったのですがこたつを出すと、丸一日こたつの中で過ごすようになります(笑)

こたつを付けっぱなしで出かけるのは火事などが怖いので外出時は使うことが出来ませんが、電源が入っていなくてもこたつの中は密封されているので案外と暖かいです。

こたつがあるだけでも猫ちゃんは暖まることができるので、電源を入れなくても寒さ対策になりますよ!

ケージ飼いでの寒さ対策

子猫を飼っている家では、いたずらが怖いのでケージ飼いをしている方も多いと思います。

我が家でもハムとマロが1歳すぎるまではケージ飼いをしていました。

寝る時、外出時はケージで過ごしてもらっていました。

そんなケージ飼いでの寒さ対策です。

  • ケージ内にペットハウスを入れる
  • ペット用ホットカーペットを使う

このくらいですね。

ケージ内はやはり狭いので、寒さ対策も難しくなってしまいます。

ホットカーペットを使う場合は上にタオルや毛布などを乗せて、低温火傷をしないように注意してください。

我が家の場合はマロちゃんがウールサッキングを発症していたのでモコモコした素材は使えず、寒さ対策は非常に大変でした…。

ケージ内での寒さ対策はこちらの記事もチェックしてみてください。

スポンサードリンク

乾燥対策も忘れずに!

冬は乾燥しやすい時期です。

暖房器具を使うことでさらに乾燥してしまいます。

人間と一緒で猫も乾燥をしてしまうとフケが出てしまったり、風邪をひきやすくなってしまいます。

乾燥する時期は人間だけじゃなく猫のためにも家の中での加湿を忘れないようにしましょう!

スポンサードリンク

まとめ

子猫の安全な寒さ対策について書きました。

子猫のうちはイタズラも多く、家の中で暖房器具を使っていると事故につながったりなどの危険がたくさんあります。

寒さ対策でよく聞く「湯たんぽ」「ヒーター、ストーブ」「ホットカーペット」は子猫のうちから使うのはヤケドの危険性が高くなるためあまりオススメしません。

子猫のうちは少しでも安全な寒さ対策をして家の中での事故が起きないように注意しましょう!

子猫のうちは上記に書いたこちらの寒さ対策がオススメです。

  • エアコン(暖房)
  • ペットハウス
  • こたつ

ヤケドの心配が少ない寒さ対策を行いましょう!

真冬などは窓際に居るだけでも冷気が入ってくるので、部屋の真ん中や寒さが伝わりづらい場所にペットハウスなどを設置するように工夫しましょう。

猫ちゃん自体が寒さに弱いので、子猫となると余計に気を使う必要があります。

猫ちゃんが体調を崩してしまわないように、冬の家の中の気温や湿度は低くなりすぎないように注意してください。

色々な寒さ対策があるので、それぞれの猫ちゃんに合う方法を試してみてくださいね。

Copyright© ねこほう , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.