猫を撫でるときのコツまとめ…嫌がるときに触ってはダメ!

投稿日:

撫でる

猫は撫でられたり抱っこするのを嫌がるというイメージが強い方も多いと思いますが、実際には撫でるのを慣らすコツがあります!

撫でられるのを大好きな猫ちゃんにすることで、普段からのスキンシップで体の異常にも気が付きやすくなります。

たくさん撫でてあげることで猫からも「撫でて~」と催促するようになってくるので、普段からスキンシップをとることは非常に大切です。

撫でられるのを嫌うからあまり触らないのではなく、慣れさせてたくさん撫でてあげましょう!

スポンサードリンク

猫は撫でられるのが嫌い?

猫は撫でられるのは嫌いではありません。

もちろん、初対面の人や猫に嫌われている人が突然撫でてきたら猫もビックリして逃げてしまったり攻撃してしまうかもしれませんが基本的に嫌いではありません。

最初は嫌がったとしても、徐々に撫でる回数を増やしていけば猫ちゃんも撫でられて喜ぶようになりますよ!

猫を撫でる場所によって嫌がったり喜んだりする場所があるので、猫が撫でられて喜ぶ箇所を把握しましょう!

猫が撫でられて喜ぶ箇所

猫ちゃんにも撫でられると気持ちいい箇所があります!

その箇所を把握しておくだけでも、猫ちゃんとのスキンシップがしやすくなるので目を通してみてくださいね。

頭(おでこ)

頭

オーソドックスな場所かと思いますが、頭は猫ちゃんが1番喜ぶ箇所です。

特に眉間のあたりを指で掻くようにカリカリしてあげると、自分から擦り付けてきます。

あご

あご

あごも猫が喜ぶオーソドックスな撫で場所ですね!

顎は猫ちゃんが完全に自分で毛づくろいが出来ないので、顎を指でスリスリしてあげると首を伸ばして気持ちよさそうにします。

顎で物足りなくなってきたら他にも撫でて~って顔を擦り付けてくるので、そうなったら猫さんの言うがままに撫でてあげましょう(笑)

目の周りや頬

目の周りや頬

顎や頭を撫でている延長で、撫でてあげたり掻いてあげると喜びます。

撫でられるのに慣れてきたら頬をつまんでマッサージをしてあげると猫ちゃんはとろ~んとなります(笑)

顔の筋肉を撫でたりマッサージしてあげるとコリがほぐされて猫は喜ぶので猫ちゃんと仲良くなったら、やってみてくださいね。

基本的に顔まわりが喜ぶ

猫ちゃんは自分で顔を舐めたり掻いたりすることが出来ないので、猫が自分で毛づくろい出来ない部分を撫でてあげると喜びます。

初めましての猫ちゃんはいきなり体を触ってしまうと嫌がる猫ちゃんが多いので、いきなり体を触るのはやめておきましょう!

完全に慣れてから(なついてから)の状態で体を触るのが無難です…!

スポンサードリンク

撫でては行けない場所

あまり慣れていない状態で撫でてはいけない場所を書いていきます。

ビックリさせて怖がらせてしまう可能性もあるので、いきなり触ったら警戒されてしまう場所を把握しておきましょう!

お腹

よく犬はお腹を撫でると喜びますが、猫にとってはお腹は弱点なのでいきなり触ったりするとビックリしてしまいます。

お腹を見せて寝ている猫ちゃんだと警戒心が全くない状態なので、もしかしたら心をひらいてくれているのかもしれませんが飼い猫ではない場合はいきなり触るのは止めておきましょう。

お腹は本当に信頼関係のある間柄でしか触らせてくれないと思ったほうがいい部分です。

背中

猫は背中が敏感です。

猫の背中を撫でようとした時に姿勢を低くされて、触れなかった経験がある方も多いのではないでしょうか。

ちょっと触れただけでも肌がビクビクッとなってしまって、嫌がる子も結構います。

猫にとって背中は撫でられてもあまり嬉しくないので、いきなり触らないようにしましょう。

飼い猫の場合は信頼関係が出来ればどこを触っても怒らない猫ちゃんもいますが、かなり稀だと思うので猫ちゃんの様子を見ながら徐々にスキンシップを行っていきましょう。

尻尾や付け根

尻尾の付け根を触ると喜ぶ、というのを良く見ますが個人差があります。

尻尾の付け根は猫にとっての性感帯でもあるので、喜ぶ猫ちゃんもいますが嫌がる子ももちろんいます。

少し触っただけでも怒ってしまう猫ちゃんもいるので、喜ぶ場合は適度に触るのはいいかもしれませんが普段から積極的に触るものではありません。

尻尾の付け根をトントン叩くと喜ぶ、というのもありますがあまり強く叩きすぎると尻尾の付け根には神経が集中しているので病気になってしまうこともあるので注意が必要です。

スポンサードリンク

猫が寄ってきたときにだけ撫でてあげる

気難しい猫ちゃんは人間から撫でに行っても逃げていきます…。

なので基本的に猫ちゃんと接する時は猫が近寄ってきたら撫でてあげる、というスタイルが1番好かれます。

逆に嫌がっているのに無理に触ったりすると嫌われてしまうので注意しましょう…!

家の中で猫を飼っている場合には、飼い主が撫でてくれるのを当たり前と猫ちゃんが思うようになったらいつ撫でても怒らない子に育ちます。

徐々にスキンシップを増やしていって、撫でられるのが当たり前と思わせれれば猫ちゃんの体に異常が出たときも触ってすぐに気がつくことが出来ます。

何でも早期発見が1番なので、猫ちゃんが撫でられることに慣れさせてあげるのが大切ですね。

まとめ

猫が撫でられるのを慣れさせる記事のまとめです。

  • 顔まわりを撫でると喜ぶ
  • 背中やお腹は触らない
  • 寄ってきたときにだけ撫でる

猫を飼ったときに撫でられるようになるかどうかは最初が肝心です!

最初に猫ちゃんに嫌なイメージを与えてしまったら撫でるのにも一苦労ですが、上記のことを気をつけて接すれば撫でさせてくれる猫ちゃんになります。

猫が撫でられて喜ぶ箇所を意識して猫ちゃんと接してみてくださいね!

最終的にはいきなり触ったり撫でたりしても怒らない猫ちゃんになれば、急に動物病院に行くことになったとしても安心してすぐに連れて行くことが出来ます。

人から撫でられる行為を受け入れられるように、猫ちゃんとのスキンシップを徐々に増やしていきましょう!

猫ちゃんの撫で方について参考になれば嬉しいです。

Copyright© ねこほう , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.