猫に鰹節をあげすぎない方が良い理由…尿結石や腎不全の原因になる可能性もあり

投稿日: 4,450 views

かつおぶし

猫が好む食べ物と言えば「かつおぶし」を想像する方が多いと思いますが、実は猫にかつおぶしを与えすぎるのは危険なんです。

今回はかつおぶしをあげすぎることによって起こる病気や、どれくらいまでなら与えても良いのかを書いていきます。

猫の体に良いと思って大量に与えてしまうと、病気になってしまう可能性があるので正しい知識を身につけましょう!

スポンサードリンク

猫にかつおぶしはダメ?

結論から書いてしまうと「与えないほうが良い」です。

絶対にダメ!というわけではないのですが、量を間違えると病気にかかりやすくなってしまうので個人的にはオススメできません。

特にキャットフードで栄養がしっかりと摂れている状態ならば、余計に与える必要はありません。

では、何故猫にかつおぶしを与えてはいけないのか説明していきます。

かつおぶしはミネラルが多い

かつおぶしにはミネラルがたくさん含まれています。

猫にとってミネラルは必要な栄養素ですが、かつおぶしを食べ過ぎると過剰摂取になってしまいます。

キャットフードには猫に必要な栄養がバランス良く含まれているので、かつおぶしなどをオヤツにして与え続けてしまうとミネラルの摂り過ぎになり分解が追いつかなくなります。

そして、ミネラルの過剰摂取で病気に繋がっていきます。

かつおぶしの与えすぎで起こる病気

猫にかつおぶしを与えすぎて起こる可能性がある病気を書いていきます。

猫が喜ぶから、と与えすぎないように注意してください。

尿結石

健康な猫の尿は濃く、匂いもキツイのですがこれはミネラルが尿にあまり含まれていないので凝縮されているからなんです。

かつおぶしを普段から大量に食べさせていると、必要以上にミネラルを摂取することになり、尿道に結石が出来やすい状態を作ってしまいます。

尿結石になってしまうと、トイレに行く回数が増えたり血尿が出たりします。

そんな状態の猫ちゃんを見るのはやはり避けたいですね…。

尿結石は再発しやすい病気なので、尿結石にならないようにかつおぶしなどは普段から与えないようにするか、与えるとしても量を調整してあげる必要があります。

腎不全

尿結石が悪化してしまうと腎不全になります。

腎不全は一度かかってしまうと治すことができません。

腎臓の機能が壊れてしまうと元に戻すことができないので、食事療法や投薬をして症状を和らげていくことしか出来ません。

実際に以前私が飼っていた犬が腎不全で亡くなっています。

16歳の高齢犬でしたが、腎不全は治療法がなく、投薬はしていても弱っていくのを見守るだけしかないのでかなり辛いです。

特に高齢猫は腎臓が弱くなっており腎不全になりやすい傾向にあるので、高齢猫にかつおぶしを与えるは止めておいたほうがいいでしょう。

スポンサードリンク

猫にあげる鰹節の適量

鰹節は、しっかりと適量を守れば猫に害があるわけではありません。

ですが、絶対に人間用のかつおぶしは猫に与えないで下さい。塩分が非常に多いので猫の体には毒です。

猫に鰹節を与える場合には「猫用」を買いましょう。

私も実際、一時期猫用の鰹節を使っていました。

猫用のかつおぶしを買うと与える目安が書いてありますが、私はそれでも不安だったので風味付け程度にキャットフードにふりかけて与えていました。

当時はマロちゃんの食が細く、キャットフードそのままだとあまり食べない子だったのでかつおぶしを入れることで食べてくれていました。

私が与えていた鰹節の量は本当にひとつまみ程度です。全体に軽くまぶして風味を出すだけでも食いつき具合が違っていたので愛用していました。

ですが今は猫の健康を考えてプレミアムキャットフードに変えたおかげで、毎食のキャットフードの食いつきが良くなったので鰹節のふりかけは一切使っていません。

ふりかけとして使うくらいなら害は全くありません。

かつおぶしのあげすぎは危険

かつおぶしは香りが良いので欲しがる猫ちゃんは多いですが、欲しがるだけ与えていると病気になってしまいます。

特にオヤツとしてどっさり鰹節をあげるのは本当に危険です。

飼い主がしっかりと管理をしてあげないと、猫は鰹節をあるだけパクパク食べてしまいます。

基本的に猫はキャットフードを与えていれば他の食べ物を与える必要がないので、鰹節に関しても食欲がないときに少し使うくらいが理想です。

鰹節は猫の大好物と思い、ついついたくさん与えてしまう方も少なくないと思うので、猫を飼う際には気をつけましょう!

食べるもので猫の健康状態は、良くもなるし悪くもなります。

少しでもリスクのあるものは食べさせないのが一番ですが、たとえ猫用でも与える際には目安の量を守って与えることが大切です。

関連記事

猫の分離不安症の症状や治療まとめ…飼い主が構いすぎないことが大切

猫ちゃんには「分離不安症」という病気があるのをご存知でしょうか。 飼い主がいないと不安になって、粗相をしてしまったり大きな声で鳴き続けます。重症になると膀胱炎になったりすることもあります。 うちの猫に ...

マロちゃんのウールサッキングの症状が完治しました!

うちの猫のマロちゃんは生後6ヶ月頃にウールサッキングが発覚したので、最初の頃は家の中をあまり自由にさせていませんでした。 合わせて読みたい猫が布を食べてしまう異食症(ウールサッキング)についての対策と ...

猫の避妊手術についての体験談…メリットとデメリットを紹介

避妊手術後のマロ 今回はハムとマロが避妊手術をした時のことを書いていきたいと思います。猫を飼うなら避妊手術か去勢手術は通る道ですからね。参考になれば嬉しいです。 避妊手術や去勢手術の必要性についても書 ...

猫の毛並みが悪い原因と改善方法…体調が悪いときは病院へ!

猫の毛並みが悪いと感じたことはありますか? 猫の毛並みが悪いときには何かしらの原因があります。早めに原因を突き止めて対処することが大切です。 今回は、猫の毛並み・毛艶が悪くなった際の原因や改善策を書い ...

猫が布を食べてしまう異食症(ウールサッキング)についての対策と体験談

ウールサッキングをしていたマロちゃん 今マロちゃんは1歳半です。 今まで全く触れてこなかったのですが、実はマロちゃんは生後6ヶ月前後あたりで異食症(ウールサッキング)という病気になっていました。 現在 ...

Copyright© ねこほう , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.