サビ猫の性格と魅力まとめ…頭が良くて甘えん坊なので飼いやすい!

サビ猫のミコちゃん

みなさん、サビ猫という猫の種類をご存知でしょうか。その名の通りサビのような色をしているネコちゃんです。

私が前に飼っていたミコちゃんや、今現在飼っているモモちゃんもその種類なんですが、サビ猫って柄が汚く見えるために人気があまりありません。

ですが、猫の中ではかなり優秀で頭の良さはダントツ1位と言われているくらいに飼いやすい猫なんです。

猫好きの中には、サビ猫ファンも結構いるのではないでしょうか。

今回は実際に飼っているサビ猫ちゃんの魅力について詳しく書いていこうと思います!

スポンサードリンク

サビ猫の性格

基本的なサビ猫ちゃんの性格を書いておきます。

初めて猫を飼おうと思っている人は見た目的にも「サビ猫」という選択肢はあまりないと思うのですが、実は初めて猫を飼う人にこそオススメしたいのがサビ猫ちゃんなんです。

心を開くまでは少し時間がかかるかもしれませんが、一回心を開いてくれるとすごく甘えてきてくれます。

頭がよく、賢い

猫の中でも「サビ猫」はかなり頭が良いと言われています。

これは本当に私も実感しているのですが、他の猫たちに比べてミコちゃんやモモちゃんは悪いことは全くしませんし、もし悪いことをしたとしてもちょっと怒った口調をするだけで止めます。

ハムちゃんとマロちゃんとチロちゃんは、悪いことだと知ってても続けますし、怒っても続けますし、同じことを繰り返すし、ちょっとドジというか天然だなぁと感じるところが多々ありますが、ミコちゃんモモちゃんはそういうのが全くありません。

一回怒られれば「これはダメなんだ」というのがすぐに判断出来るし、繰り返しません。

サビ猫は頭が良いので、冷静に物事を判断し空気を読むことが出来る猫ちゃんです。

ただ頭が良いので、飼い主が見ていないところで悪さをする可能性もありますが…他のネコに比べるといたずらは少ないです。

もちろんしっかりとしつけをすることが前提になりますが、物分かりも良いですし、愛情を持って接することでサビ猫ちゃんはしっかりと応えてくれます。

我が家のサビ猫ミコちゃんも頭が良いので「引き戸を開ける」という技を持っています(笑)

どうやって覚えたのかはわかりませんが、他の猫には出来ません。

甘えん坊

基本的にサビ猫は三毛猫と同じでメスしかいません。

なので性格的には大人しく温厚な子が多いのですが、信頼関係を築くと甘えん坊で嫉妬深い部分も見えてきます。

私が飼っていたミコちゃんは私に一番懐いているのですが、私がハムちゃんやマロちゃんと遊んでいたりすると、その遊んでいる子にネコパンチをしにいきます。

そして他の猫が去っていった後にスリスリしに来ます…。

サビ猫の性格を見ると「他の猫にやさしい」というのをよく見るのですが、うちの猫は他の猫に結構厳しいです。

後から入った猫なのに一番強くなりつつあります…。

猫のメスはツンデレな子が多いですが、サビ猫は信頼関係が強くなるとデレの部分がかなり大きくなります。

個体差はありますが、一度飼い主と信頼関係を築くとパートナーのような存在になれるのもサビ猫の魅力です。

サビ猫は飼い主に対しての愛情表現が分かりやすいので、初めて猫を飼う人でも満足できると思います。

他の猫とも仲良くなれる

ミコちゃんはそうでもなかったのですが、後から引き取ったモモちゃんは先住猫のハムとマロに対して良い距離を保って接してくれています。

兄妹のチロちゃんはハムとマロに特攻して猫パンチを食らっていますがモモちゃんは少し距離を保ち、少しずつ仲良くなろうとしています。

先住猫が嫌がったらすぐに離れますし、その辺りを見ていると本当に兄妹でもチロちゃんとモモちゃんの性格の違いに驚いています。

良い意味で大人しく頭の回転が早いです。

先住猫と仲良くなるのもモモちゃんが一番早かったです。

健康で丈夫!

サビ猫は雑種なので、健康で丈夫な猫ちゃんが多いです。

もちろん個体差はありますが、一般的にはあまり大きな病気をしないし健康的と言われています。

柄が個性的!

サビ猫は黒・茶・黄土色?などの色がランダムに混じった柄をしています。

色が整っていないのとちょっと暗めな色から「汚い、可愛くない」とあまり人気がありません。

ですが、サビ猫は他のサビ猫を見ても全く一緒の模様というのはありません!

一匹一匹が違う柄をしており、個性が強い猫ちゃんなんです。

ミコちゃん

ちなみにうちのサビ猫、ミコちゃんはこんな感じの柄です。

前足と後ろ足が片方ずつ黒色なのが特徴的です!ミコちゃんは警戒心が強いので、よく目が真ん丸になるのも特徴的です。

ミコちゃん

来客があるとこんな感じでずっとビックリした顔をしています。

そしてサビ猫モモちゃんの柄はこんな感じ。
モモちゃん

モモちゃんは前足の柄が左右で茶、黒と分かれているのが特徴です。

あとはとても小顔でモデル体型だと勝手に思っています…(笑)

こんな感じでサビ猫でも、柄に個性があるのでみんな違う柄をしています。

サビ猫は貰い手が少ない

サビ猫は「雑種だし柄が汚いから」と里親募集をしても引き取ってくれる人が少ないそうです。

実際にミコちゃんを引き取った動物病院で獣医さんが言っていましたし、モモちゃんを引き取った譲渡会の保護主さんも言っていました。

私にとってミコちゃんは見た目の個性が強くて一目惚れしたのと、運命を感じてしまったのと、動物病院で保護される期間があと1日という状態だったのですぐに引き取りましたが、やっぱり「サビ猫は汚い」というイメージがあるのは悲しいなぁと思いました。

モモちゃんも同じで柄が汚いからという理由でもらわれないのは可哀想ですし、兄妹引き離すのも可哀想だったのでチロちゃんとモモちゃん2匹一緒に引き取りました。

スポンサードリンク

我が家のサビ猫自慢

せっかくなので、我が家で飼っているサビ猫ミコちゃんモモちゃんの自慢をさせてください!

サビ猫の良さを全力でアピールします!!!

ミコちゃん

ミコちゃんは生後5ヶ月頃に動物病院の里親募集で引き取った子です。

サビ猫ミコちゃん

こたつに入ってヌクヌクしてるミコちゃんです。

ミコちゃんは本当に美猫でした…(親ばか)

サビ猫ミコちゃん

上から見下ろすミコちゃん。

うちのミコはおててが特徴的で片手が黒と茶に分かれています。

個性的な柄があるっていうのは特別感があるのですごく気に入っています。

サビ猫ミコちゃん

毛布でぬくぬくしている画像です(笑)お気に入りの一枚です。

我が家のミコちゃんは2017年1月に突然死で2歳半という若さで亡くなってしまいましたが、出会うことが出来てよかったです。

モモちゃん

モモちゃんは生後3ヶ月頃に猫の譲渡会で引き取った子です。

サビ猫モモちゃん

見上げるモモちゃん。

サビ猫モモちゃん

眠っているモモちゃん。

モモちゃんはよくお手手をハンバーガーみたいに重ねているのでそれがまた可愛いです…!

You Tubeにモモちゃんの日常も載せています!ぜひ見てください。

モモちゃんは大人しくマイペースな女の子です。

インスタグラムではハム、マロ、チロ、モモの日常やミコちゃんの思い出写真などもアップしているので、記事下のプロフィール欄からチェックしてみてください。

ついでにフォローしてもらえたら喜びます(ΦωΦ)

サビ猫は飼いやすいので猫初心者にオススメ

見た目的に毛嫌いをしてしまいがちなサビ猫ですが、性格は大人しく賢い、いたずらもあまりしないので猫初心者にはとってもオススメの猫です。

猫を多頭飼いをしている場合でも、サビ猫は他の猫と仲良くなりやすいのであまり心配もいらないです。

我が家の場合は喧嘩もしつつ、なんだかんだみんな仲良く過ごしています。

ミコちゃんのときの記事です。こちらを参考にしてみてください。

もちろん最初は警戒して先住猫とビクビクしながら過ごすことになると思いますが、あっという間に仲良くなれるので大丈夫ですよ!

サビ猫は見た目が汚く見えてしまうため、私の家に来た友人も最初ミコちゃんはあまり相手にしてくれませんでしたが、一度懐かれた際にその魅力にハマってしまっています。

家によく来る友人は今は「ミコちゃん可愛い!飼うならサビ猫が良い!」とまで言ってくれています(笑)

飼ってみないとわからない魅力がサビ猫にはたくさんあります。

サビ猫は目つきが悪い子も多いので「怖い」という印象を持ってしまう人も多いですが、かなりの甘えん坊になります!

サビ猫ちゃんは、雑種なのでペットショップでは見かけることはありませんが里親募集などでは結構見かけるので、猫を飼おうと思っている方はぜひチェックしてみてください。

この記事はミコちゃんとの出会いでサビ猫があまり人気がないというのを知ったので、少しでも多くサビ猫ちゃんの里親が見つかると良いなと思って書きました。

サビ猫ちゃんと触れ合う機会があれば、ぜひ行動や性格を観察してみてくださいね。その魅力にハマってしまう人も多いと思います!