猫が生活する場での芳香剤はストレスになり危険…消臭剤を使おう

猫

猫を飼う際に知っておきたいことの一つに「消臭剤、芳香剤の使用について」があります。

猫は嗅覚が優れているので、あまりにも匂いが強いものを使っていると、ストレスになったり、中毒症状を引き起こしてしまう危険があります。

猫に危険な匂い、香りはたくさんあります。

今回は猫を飼っている家で使う芳香剤や消臭剤について書いていきます。

スポンサードリンク

猫がいる部屋で芳香剤は使わない

猫を飼う上で知っておきたいのが「芳香剤は危険」ということです。

生活する上で部屋の片隅に芳香剤を置くのは一般的ですが、猫を飼う場合には置かないほうが安心です。

猫は人間の何倍もの嗅覚を持っているので、人間が「いい匂い」と感じても猫にとっては苦痛でしかありません。

猫が入らない部屋を作って楽しむのはアリだと思いますが、猫が逃げられないような空間に芳香剤を置いてしまうとストレスがどんどん蓄積されていきます。

猫がいる部屋での芳香剤は基本は使わないようにしましょう。

アロマやキャンドルは更に危険

芳香剤よりも危険なのは、キャンドルやアロマオイルなどの匂いが強いものです。

特に猫は柑橘系が苦手なのと、猫にとって毒となる植物の香りで中毒症状が出てしまう危険があります。

猫に有毒な植物は700種類近くあるので、どの植物に中毒症状が起きるかわからないので使わないほうが安心です。

アロマオイルは非常に香りが強いので、家のどこに居ても香りが充満してしまいます。

そうなると猫の逃げ場がなくなってしまい、危険なのでアロマやキャンドルは使わないようにしましょう。。

匂いが強い柔軟剤にも注意

最近は柔軟剤も香りが強いものがたくさん販売されています。

猫は嗅覚が優れているので、人間にとって香りが強いと感じた柔軟剤は猫にとってかなりキツイ匂いとなるので中毒症状になる危険があります。

柔軟剤を使うにしても香りが強いものや「アロマオイル」と書かれているものには注意が必要です。

特に部屋干しをして窓を締め切っている場合には香りが充満するので香りが強いものは避けましょう。

柔軟剤を変えて猫の体調が悪そうな場合には早めに動物病院へ行きましょう。

猫にとって安全な芳香剤は?

猫にとって安全な芳香剤はありません。

基本的に匂いの出るものは猫のことを考えると使わないほうが安心です。

芳香剤は少なくとも香りで臭いを消すものなので、人間がいい匂いだと感じてもその何倍の嗅覚を持つ猫にとっては苦痛でしかありません…。

そしてモノによっては命にかかわるものもあるので、猫を飼う上で芳香剤を気軽に使うのは危険です。

芳香剤は猫がいない場所に置く

芳香剤を使うとしても猫が絶対に入らない部屋だけにしましょう。

我が家の場合は猫が入れないトイレ、玄関に芳香剤を置いています。

トイレも玄関も扉を挟んでいるため猫は立入禁止(入れない)ので特に問題もないですし、猫が居たら置けないようなオシャレな芳香剤を置いています。

芳香剤を使いたい場合は、猫が立ち入れない空間で楽しみましょう。

スポンサードリンク

猫が居る場所には消臭剤を使う

猫を飼っているお家では、芳香剤やアロマではなく消臭剤を使いましょう!

もちろん我が家でも消臭剤を置いています!

実際に我が家で使っている消臭剤はこちらです。

トイレの近くにはエアリオンが置いてあります。

普通の消臭剤と違ってただ置くだけではなく、電池で稼働するタイプのものなので普通の消臭剤よりも効果があります。

普通の消臭剤と同じように2ヶ月くらいは持つので、猫のトイレの臭いが気になっている場合はエアリオンがオススメです。

お部屋に置くタイプなら、無香空間もオススメです。

値段がリーズナブルなので手が出しやすい消臭剤です。

我が家では芳香剤を置くのではなく、家のあらゆるところで無香空間を使っていました。

無臭で猫の独特な臭いも消してくれてたので重宝しています。

土台もしっかりしているので、猫が倒してしまう心配もありません。

猫は走り回るので、運動会をしている最中に消臭剤が倒されないように置き場所や消臭剤の形も慎重に決めましょう!

空気清浄機が1番安心

消臭剤をたくさん置きたくない場合は、値段は少し高めになってしまいますが空気清浄機を置くことをオススメします。

我が家は空気清浄機がないときには消臭剤を使っていましたが、空気清浄機を購入してから一部屋に一つ空気清浄機で部屋の空気を綺麗にしています。

倒される心配もありませんし、24時間空気清浄を行ってくれます。

我が家で使っている空気清浄機の詳細はこちらでチェックしてみてください

空気清浄機をハウスダストアレルギーと喘息持ちが使ってみた感想

家の中で猫の臭いに悩んでいる方にはピッタリのアイテムです。

空気清浄機は消臭剤と比べて掃除やフィルター交換が面倒ではありますが、効果は十分に発揮してくれます。

人間や猫のアレルギー対策としても有効です。

猫にとって芳香剤は有害です

どんなにいい匂いのする芳香剤でも、猫にとっては危険です。

  • 芳香剤
  • 匂いの強い柔軟剤
  • アロマやキャンドル

これらは猫にとって有害です。
どんな成分が使われているかもわからないですし、中毒症状が出てしまうと呼吸器系がやられてしまうので呼吸が出来なくなってしまうこともあります。

猫のことを考えて家の中で芳香剤を使うのはやめましょう!

芳香剤がダメならボディーソープや洗剤はどうなの?と疑問に思う方も多いですが、ボディーソープや洗濯などの洗剤はお風呂場などの換気を十分にすることで和らげる事が出来るので、そこまで気にしなくても大丈夫です。

猫を人間用のボディーソープで洗うなんてことは論外ですが、人間が使った後の匂いは換気をすることで減らせます。

猫を飼う場合はストレスを無駄に与えないためにも芳香剤を使うのではなく、無香タイプの消臭剤を使いましょう!