猫にケージは必要?…実際使ってみた体験談やメリットまとめ

投稿日: 13,361 views

ハムとマロ

私の家の猫ハムちゃんとマロちゃんは拾って飼うと決めてからはケージを買って、子猫のうちはケージの中で過ごさせていました。

猫をケージに入れる、と聞くと「かわいそう」と思う人が居るかもしれませんが、個人的には初めて猫を買う場合や子猫を飼う場合には必要だと思います。

猫は意外と狭い空間が好きなので、子猫のうちから安心できる空間にしてしまえば猫にとってとても居心地の良い場所になりますよ。

私が実際に猫を飼ったときにケージを使った体験談も含めて、ケージのメリットを書いておきたいと思います。

スポンサードリンク

猫にケージは必要?

猫は自由気ままに生きているイメージがあるので、ケージは必要ないのでは?と思う人も多いかもしれませんが個人的にはケージは必要だと思います。

特に良いこと悪いことの判別が出来ない子猫のうちは、どんなことをするかわからないので安全面を考えてケージに入れておくことは大切です。

猫は運動能力が高いので、どこでも登っていきますし、テレビなどの線もかじってしまう危険があります。

実際にうちの猫は小さいころにパソコンの線?ケーブル?をよく噛もうとしていました。

部屋に何もない猫専用部屋を作れるなら、安心して放置しても良いかもしれませんが部屋を分けれない場合は危険が多いのでケージは必要です。

子猫のうちからケージに入れる習慣をつける

大人の猫を急にケージに閉じ込めてしまうのはストレスが溜まりますし暴れたりするかもしれませんが、子猫のうちからケージに入れる習慣をつけることでケージ=安心出来る場所と覚えます。

私の家では、子猫(生後6ヶ月くらいまで)のうちは小さくて怖かったのでケージの中に入れていることが多かったです。

避妊手術をしてからは、徐々に体力が有り余って活発になってくるので「お留守番の時」と「寝るとき」だけケージの中で過ごしてもらっていました。

こんな感じです(笑)

私の家の場合は、人が常にいる部屋にケージを置いて入り口を開けっ放しにしていました。

室内飼いの猫は甘えん坊になる子が多いので、人がいる場所に集まってきます。

猫は人を観察するのが好きなので、ケージの扉を開けっ放しにしていても自然とケージの中に入って一番高い場所から飼い主を観察しています(笑)

気がついたらケージを開けっ放しでも、中に入って休んでいることが多くなっていました。

ケージに入れるには、小さいうちから習慣にして慣れさせることが大切です。

ケージに入れると可哀想?

猫をケージに入れて閉じ込めてしまうのは可哀想だと思ってしまいますが、家の中の危険なものを食べたり噛んでしまったりするよりかは全然良いと思います。

猫は狭いところが好きなのでケージの中でも慣れてしまえば「自分の場所」と覚えるので、慣れが大切です。

猫にとっての安心できる空間を作る、と考えれば可哀想とは思わなくなるのではないでしょうか。

実際にうちの猫は、来客があったときや掃除機をかけるときは必ずと言っていいほどケージの一番上の段に避難していたので、ケージに入ることを嫌がったりは全くしていませんでした。

ケージは3段がオススメ

猫のケージには色々な種類がありますが、段差があるものがオススメです。

私が買ったケージはこちらです。

2匹いるということもあって大きめのケージを購入したのですが、大正解でした。

猫は上下運動が必須なので、こういう縦に長いケージを用意することで上下運動が嫌でも出来るのでオススメです。

2匹でも一段ずつ眠れる場所があるのでちょうど良かったのですが、1匹でもこれくらいの高さがあったほうが猫は喜ぶかもしれません。

ケージを使って良かった事

実際に猫2匹を子猫のうちからケージ飼いしてみて、良かったことを書いておこうと思います。

個人的に思うのは、子猫のうちはメリットがすごく多かったのでぜひ参考にしてみてください。

ケージはしつけで使える

子猫のうちは、やって良いことと悪いことがわかりません。

なので小さい子猫のうちから飼い主がしつけをすることが大切です。

うちの猫の場合は、電気のコードを噛もうとした時やカーテンに登った時、悪さをしたときはケージに入れるようにしていました。

子猫のうちは怒っても理解していないことが多く何回も同じことを繰り返すので、一応怒りはしますが「これをやるとケージに入れられる」というのを少しずつ覚えていくことで悪いこともしなくなります。

ただしやっぱり猫は気まぐれなので、長期戦です。しつけは根気よく続けないと中々覚えてくれません。

猫が危ないことをしたときにケージに入れておけることは、飼い主にとって安心です。

猫の安心できる空間になる

ケージを設置して慣れてくると、ケージの入り口を開けっ放しにしていても猫が中に入っていることが多くなります。

うちの猫は眠くなった時や来客があったときは、ケージの一番上の段で隠れて寝ていました。

家の中で安心できる空間は猫にとってすごく重要なので、ケージがあって良かったと思っています。

ケージの上に布とかかけてあげると、人に見られることも少なくなるので警戒心が強い猫ちゃんは1人に出来る空間をケージ内に作ってあげることで安心できるかと思います。

お留守番や就寝時に安心

子猫はやんちゃなので、家の中に放置するのは危険です。

電気のコードは齧るし、高いところへ登って行くし、狭い隙間があると入っていってしまいます。

人が家に居るうちは良いですが、就寝時や出かけるときに放置しておくのは本当に危険です。

部屋に何もないのなら安心ですが、中々そうでないことが多いので家の中での事故を防ぐためにも目の届かないところにいるときはケージに入れておくと安心です。

ちなみに私の家では、猫が2歳ちょっと過ぎるまでは「就寝時」と「お出かけ」のときだけケージに入れていました。

ウールサッキング時に非常に役に立った

うちの猫のマロちゃんはウールサッキングという病気がありました。

その辺にある布を食べてしまう異食症という病気です。これがまたかなり厄介なものだったんですが、ケージがあることで異食を防ぐことができていました。

マロちゃんをケージから出すと、布団のカバーやらこたつの掛け布団など何でも食べて穴だらけにしていたのですが、布を食べる度にケージに入れたりなどの工夫をして少しずつ改善をしていきました。

しつけと一緒ですが「布を食べる」行為はずっと見ていないと防ぐことが出来ないのでケージに入れておくことで、異食を防ぐことが出来るので当時はケージがあることですごく助かってました。

家に人が居る時はマロちゃんを見張る事ができるので開放していましたが、夜寝るときやお留守番のときは見ることが出来ないので必ずケージに入れていました。

そのおかげで、変な物を食べて重症化することもなかったですし、症状も落ち着いて今は全く布を食べなくなりました。

生後6ヶ月頃から発症したウールサッキングでしたが、3年目になってようやく異食症が治りました。

発症した当時は何でもかんでも食べてたので、ケージがなかったらと思うと恐ろしいです。

ウールサッキングがなかったとしても、子猫のうちは何をするかわからないのでケージは必要だと思います。

スポンサードリンク

ケージを使った感想まとめ

実際に子猫の頃からケージを使ってみた感想を書いておきます。

  • しつけに使える
  • 猫が危ないことをした時にケージに入れられる
  • 猫の安心できる空間になる
  • 就寝時やお出かけも安心
  • ウールサッキング時に安心

子猫のうちからケージを使っていましたが、個人的にはメリットばかりでした。

成猫になったら落ち着きも出てきて、良いこと悪いことが分かるのでケージは特に必要ないと思いますが子猫のうちはケージが安心です。

子猫は部屋の中で遊ばせていても、ヒヤッとする場面は何回もあったので個人的にはケージは結構重要だと思います。

人が家に居る時は外に出すことが大切

ケージを使うと言っても、ずっとケージの中に入れっぱなしにしておくわけではなく、人が家に居る時には出してあげて遊んであげることが大切です。

ケージにずっと入れっぱなしだとストレスが溜まってしまうので、人が家に居る時はなるべく開放してあげることでストレス解消も出来ると思います。

うちの場合は、猫が大きくなるにつれて徐々にケージに入れる時間を短くしていましたが、なるべく5時間以上ケージに入れっぱなしにならないようにはしていました。

最終的には家の中を自由に遊ばせるためにも、最初はケージを使ってしつけをしてから徐々に開放するのが好ましいかな、と思います。

ケージの中も慣れさせ、家の中の行動範囲も徐々に広げていくのが一番理想的です。

ケージの中でずっと過ごさせるのは運動不足になりやすくなってしまうので「就寝時」「お留守番」以外は部屋の中で思いっきり遊ばせましょう。

成猫になるとケージは必要なくなる

私の家の猫は2歳ちょっとまでケージを使っていました。今は3年になりますがもうケージは使っていません。

3階建てだったケージは解体して1階のみにして、トイレとお水飲み場になっています。

3歳になるともう落ち着いているので、悪さをしませんし危ないこともしません。

後から貰ってきたミコちゃんも、先住猫に家のルールを教えてもらってるみたいなのでケージにいれなくても全く悪さをしないのでケージに入れずに開放しています。

先住猫が居ると安心ですが、初めて猫を飼う場合や小さい子猫の場合はケージがあったほうが安心です。

ケージがあることで助かったことが私は結構あるので、個人的にはケージは必要だと思います。

猫にケージが必要かどうか悩んでいる方に少しでも参考になれば嬉しいです。

関連記事

据え置き型の成猫用キャットタワーを購入した感想…掃除がしやすくなった!

以前使っていたキャットタワーがボロボロになってきたので、キャットタワーを新調しました! 今までは天井に突っ張り棒をして支えるタイプのキャットタワーを使っていたのですが、今回は据え置き型のキャットタワー ...

ホットカーペットは寒がりな猫ちゃんにオススメ…低温やけどには注意!

寒い冬になると猫に必要なのが、防寒対策です。こたつがあればそれだけでOKなのですが、まだこたつを出すほどでもない時期の対策を紹介したいと思います。 こたつだったら人間も猫も暖まれますが、今回は猫のため ...

猫専用の水飲み食器「ヘルスウォーターボウル」を使ってみた効果

私の家では猫の飲水をケージに取り付けるものを今まで使用していました。 ですが、最近ケージを完全に撤去してしまい、取り付ける場所がなくなってしまったので新しく地面に置くタイプの飲水の器を買ったので紹介し ...

猫を初めて多頭飼いするときに必要なペット用品まとめ

拾いたてのハムとマロ 今回はハムとマロを拾ってから、猫を飼育するために準備した必要な猫用品を紹介していきたいと思います。 猫を拾ったのは本当に突然のことだったので、何にも知らない状態からの準備だったの ...

猫の寒さ対策と注意する事まとめ…乾燥するので加湿器をつけよう

冬の寒い時期になってくると猫ちゃんには防寒対策が必要になります。 防寒対策にはたくさんの種類がありますが、猫ちゃんに用意できる防寒対策方法や最適な暖房器具などを紹介したいと思います。 暖房器具を使う際 ...

Copyright© ねこほう , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.