猫の歯垢や歯石予防が食事で出来る「t/d」…歯磨きが出来ない猫にオススメ!

t/d

猫を飼ってから私が猫に対して一番気をつけているのは歯の健康です。

猫は特に歯磨きをするのが難しいので歯磨きスナックを買ったりしていたのですが、すぐになくなってしまうので動物病院の先生に相談したところ「t/d」を紹介してくれました。

今回は、猫の歯の健康のためのドライフードを紹介します!

スポンサードリンク

ヒルズのプリスクリプション・ダイエット「t/d」

今までは歯磨きスナックを猫にあげてデンタルケアをしていたのですが、どうしても3匹いるとスナックはすぐになくなってしまうんですよね。

71gしか入っていないので、毎回買っているとお金もかかってしまいます…。

しかも総合栄養食とは言っても「おやつ」なので毎日大量に与えることもできません。

主食で歯磨きになるものはないかと探した結果、動物病院の先生にヒルズのプリスクリプション・ダイエット「t/d」というドライフードを教えてもらいました。

動物病院の先生が飼っている猫にもずっと使っているドライフードだそうで、今までその猫は歯の病気にかかったことがないと言っていたので期待大です!

主食なので、毎日与えることが出来ます。普通のドライフードと比べると内容量が少なく値段も少し高めですが、これで毎日の歯磨きの代わりになるのなら全然良いと思って今は愛用しています。

t/d
パッケージはこんな感じです。デカデカとtdと書かれているので探しやすいです。

ヒルズのプリスクリプション・ダイエットのブランドは犬猫のエサでも有名なので、動物病院にも置いてあるところが多いと思います。

t/d

パッケージの裏面には、ドライフードで歯垢が取れる仕組みについて書いてありました。

粒が大きめになっており、噛むことでドライフードに歯がめり込んだときに一緒に歯垢も掻き取られるみたいです。

実際に猫が食べているところを観察しましたが、結構粒が大きいので食べるのがすごく大変そうでした。

でも絶対に噛まないと飲み込めないので、ボリボリ噛んで食べています。これで歯磨き代わりになるのなら全然良いですよね。

粒が大きい!

最初動物病院でお試しで小分けしてもらったときにビックリしたのですが、思った以上に粒が大きいです。

t/d
袋の中身はこんな感じです。

これだけだとあまりわからないと思うのですが、犬のエサなのかな?と思うくらいに大きいです。

匂いも結構キツめで、美味しそうな匂いです。うちの猫はハムちゃんとマロちゃんは最初から嫌がることなくよく食べています。

t/d
ちょっと手にとって見るとこんな感じです。

手に乗せただけでも結構大きいのがわかると思うのですが、比較のために他のエサも一緒に置いてみました。

t/d
カルカンのドライフードとの比較です。

一般的なドライフードがカルカンくらいの大きさだと思うのですが倍以上の大きさです!

これだけデカイと食べるのにも一苦労です。一口食べると噛んだときに欠片が口から溢れるのでちゃんとお皿の上で食べてもらうようにしましょう。笑

値段は高め

やっぱりヒルズのプリスクリプション・ダイエットなので、値段は結構高めです。

動物病院では、400gで1400円前後でした。

ネットだと、まとめ買いをすることで送料無料になり多少は安くなったりするのでネットで購入するのがオススメです。

楽天の爽快ドラッグさんで購入すると3000円以上で送料無料になるので、まとめ買いをするとお得に購入できます。

パッケージが新しくなった

…2018/01/23追記…

2017年冬辺りで一時的にt/dをネットなどで見かけなくなり購入できずに困っていたのですが、最近Amazonや楽天をチェックしたら売っていました!

どうやらパッケージが新しいデザインになったようです!

t/d

こちらが新しいパッケージです!

「歯と歯ぐきのケア」とデカデカと書かれているのでどの用途で使うキャットフードなのかひと目で分かりやすくなっていました。

t/d

裏側も説明文がわかりやすく完結に書かれています。

内容量も400gと変わっていませんし、値段も前と変わりはありませんでした。

中身も変わっている感じはなかったので久々に購入して猫に見せたら飛びついてきました(笑)

好みがあるので動物病院でサンプルをもらおう

プリスクリプション・ダイエットのt/dは、療法食なので動物病院に置いてあることが多いです。

一番良いのは、かかりつけの動物病院で担当の先生に歯の相談をしてt/dのサンプルをもらいましょう。

猫にも好き嫌いがあるので折角買ったのに食べなかったらもったいないですからね…。

うちの猫が通っている動物病院では、小さいジップロックみたいな袋に小分けしてサンプルをくれました。

やっぱり猫にも好き嫌いがあるので、サンプルをもらって食べるかどうかを確認してから購入するのが一番です。

スポンサードリンク

おやつとして与える

t/dは療法食なので普通のキャットフードよりも値段が高めです。

我が家ではおやつ感覚で毎日少しづつ与えるようにしています。

完全に主食としてあげると、すぐになくなってしまうので主食は別のキャットフードを与えています。

t/d
手に出したエサはマロちゃんが美味しく頂きました。

t/d
ついでにミコちゃんも食べに来ました。

うちの猫は基本的に何でも好んで食べてくれるので、ハムもマロもガツガツ食べるのですがミコちゃんは好んではあまり食べません。

ですが、ちょくちょく気が向いたときには食べてくれるので今でも歯は綺麗な状態で保っています。

t/dについて詳しく知りたい人はまずは動物病院の先生に相談してみましょう。

続けて毎日あげよう

こういうエサで歯磨きをするタイプのものは、1日だけ与えてもあまり効果がありません。

毎日少量ずつでも良いので与えることが大切です。前回書いたグリニーズだと毎日あげるとすぐになくなってしまうので、個人的にはt/dのほうが量が多くて毎日続けて与えることができるのでt/dがオススメです。

うちの猫は、毎日少量でも食べさせるようにしています。歯のケアは歯石が出来てからでは遅いので早めに対策をしておくことが大切です。

…2018/01/23追記…

今まではおやつとしてT/Dを与えていましたが、最近我が家の猫達の一番好きなキャットフードがT/Dだということが判明したので主食として与えています。

パッケージが新しくなる際に、販売が一時的にストップされていたので数ヶ月間T/Dを与えることができなかったのですが、それだけで口臭が少し気になるようになりはじめていました。

t/dをまた与えるようになってからは口臭が気にならなくなってきたので、歯のケアがどれだけ大切なのかを実感しています。

歯や歯ぐきが悪くなると、そこから他の病気にかかってしまうこともあります。

猫は歯磨きをすることが難しいので、歯磨きが出来ない猫ちゃんはT/Dを取り入れてみることをオススメします!

歯石を放置すると全身麻酔で歯石除去をすることも

猫の歯石は、早めに対策や予防をしておかないと歯の根本についた歯石は取ることができないので状態がひどい場合は動物病院での歯石除去になります。

歯の表面の歯石は市販で売っているスケーラーという歯の表面を削る器具で自宅で削ることは可能ですが、根本の部分は病院じゃないと取ることができません。

歯石除去は全身麻酔を使ってやることになるので、老猫などの身体が弱い猫ちゃんは受けることができません。

動物病院での歯石除去の費用は、病院によって多少前後はありますが大体2万円前後はかかるみたいです。

普段からのデンタルケアをしていれば動物病院で歯石除去をする必要もないので、普段から家で出来るケアが大切になってきます。

そのためにもキャットフードのt/dは非常に便利なので、オヤツとして毎日少しづつ与えて歯の健康を保ちましょう!

口の中を不潔にしているだけで色々な感染症にかかってしまうことがあるので、口の中は常に清潔にしておきたいですね。