マロちゃんのウールサッキングの症状が完治しました!

投稿日:2014年6月25日 更新日: 3,247 views

マロちゃん

うちの猫のマロちゃんはウールサッキングがあり、最初の頃は家の中をあまり自由にさせていなかったのですがどんどん症状がなくなってきて、今現在全く布類を食べなくなったので最近は夜にケージの中に入れるのをやめました!

猫への愛情表現は大切

マロちゃんがウールサッキングが発覚したのが生後6ヶ月くらいのときだったのですが、そこから布を食べたら怒り、普段は鬱陶しいくらいに相手をしてあげて徐々にウールサッキングの症状は良くなっていきました。

猫のウールサッキングは、母猫の愛情不足から来ていることが多いのでとにかく愛情表現をたくさんしてあげることが大切だと思います。なので、ウールサッキングをする猫ちゃんは甘えんぼうな子が多いんじゃないのかな?とも思います。

ケージに入れなくなってからのマロちゃんは、ちょっと人がいなくなっただけでも家族を探してついてきて足元をずっとスリスリしています。家に初めてのお客さんが来た時も、警戒せずスリスリして背中に飛び乗ってスリスリしたりと、かなりの甘えんぼうに育ちました…笑

なので、ウールサッキングの症状を良くするためにはまずは愛情表現が大切じゃないかなと私は今は思います。

ケージにいれずに開放するようにした

マロちゃんの症状が良くなって、最近は夜もケージを開けっ放しにするようにしました。今までは、夜の寝る時間になるとケージの中に閉じ込めていたので急に自由になったハムマロはちょっと戸惑っていました。

いつも寝る時間になると逃げまわるハムちゃんは、夜に自由に動けるのが嬉しくなったみたいで最初の頃は寝る時間に家の中を全速力でマロちゃんと運動会をしていました。

でも慣れてくるとそんな暴れまわることはないのでちょっと安心してます。たまにお腹を思いっきり踏んでいくので怖いですが。

マロちゃんは、寝室を開放していても布を食べることもなく最近は娘と一緒に寝ているので良かったです。

たまーに、ぬいぐるみが転がってたりすると噛んだりしようとはしますが、それ以外にはもう何も食べる気配はなくなりました。

マロちゃん
地べたに横になるのが好きなマロちゃん。自由になって、今まで以上に甘えんぼうになりました。

ウールサッキングになったときは、もう自由にさせることができないと思ってかなり落ち込みましたが治って良かったです。

これで、もう昼間も夜もケージに閉じ込めることはないと思います。

マロちゃん、おめでとう!

関連記事

猫風邪の症状と治療法まとめ…ワクチン接種で予防をしよう

猫の病気「猫風邪」について書きたいと思います。 人間の風邪と違い、猫風邪は一回感染ってしまうと中々治りづらくウイルスが体内に残ってしまうので再発する可能性も非常に高い病気です。 症状は「鼻水」や「くし ...

猫の肥満によって起こる病気や対策まとめ…食事と環境を見直そう

今回は室内飼いをしている猫ちゃんで、気をつけなければいけないことを書いておきたいと思います。 それは「運動不足による肥満」です。 猫が肥満になることで起こる病気はたくさんあります。猫は家族の一員なので ...

猫の動物病院の選び方…緊急時に対応してくれるかどうかが重要!

猫を飼い始めると必ず通うことになるのが動物病院です。 大きな病気をしなかったとしても、予防接種や健康診断で通うことになるので、行きつけの病院を決めておきましょう。 今回は、動物病院を選ぶ際のポイントや ...

猫のワクチン接種の時期や費用まとめ…室内飼いでも絶対に必要!

うちの猫は外に出さない完全に家の中だけで飼っている家猫ですが、毎年ワクチンは欠かさずに打ちに行くようにしています。 完全家猫でも、外に出る人がいればウイルスを家の中へ持ち帰ってしまい感染してしまいます ...

猫の毛並みが悪い原因と改善方法…体調が悪いときは病院へ!

猫の毛並みが悪いと感じたことはありますか? 猫の毛並みが悪いときには何かしらの原因があります。早めに原因を突き止めて対処することが大切です。 今回は、猫の毛並み・毛艶が悪くなった際の原因や改善策を書い ...

Copyright© ねこほう , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.