猫用ブラシ「ピロコーム」を使ってみた感想…ブラッシングが苦手な子でもリラックスしてました

ピロコーム

今まで中々ブラッシングを好きになってくれないハムちゃんとマロちゃんのために、人気のあるコーム型のブラシ「ピロコーム」を購入しました。

コーム型のブラシは抜け毛がゴッソリ取れると評判が良かったので、実際に抜け毛が多いマロちゃんに実際に使ってみた感想を書いていきます!

結論から書くと、ブラシが嫌いなうちの猫が嫌がらずかなり気持ちよさそうにしていたので今回のブラシは買ってよかったと思える猫用品でした!

では細かく書いていきます。

スポンサードリンク

コーム型の猫用ブラシ「ピロコーム」の特徴

私が今回購入した猫用ブラシはこちらです。

今までに紹介してきたブラシとは全く違う形のブラシです。

ピロコームの特徴です。

  • 抜け毛がよく取れる
  • ブラシの先端が丸いので皮膚を傷つけない

ハムちゃんとマロちゃんは撫でられるのが好きなので、人気の高いこちらの手ぐしのようなコーム型にしました!

ピロコームは3種類ある

ピロコームは「やわらかめ」「かため」「ながめ」の3種類が販売されています。

猫用ブラシは「やわらかめ」と「ながめ」です。

短毛種はやわらかめ、長毛種はながめを選びましょう。

「かため」は犬用なので注意!

ピロコームの「かため」は犬用です。

間違えて猫に「かため」を使ってしまうと、肌を傷つけてしまったり荒れてしまう可能性があるので注意が必要です!

今回我が家の猫はみんな短毛種なので「やわらかめ」を購入しました。

ピロコームの「やわらかめ」を使ってみた感想

実際に届いたものがこちらです。

ピロコーム

取っ手が付いてて見た目もとっても可愛いです。

ブラシ部分は思ったいじょうに柔らかいので、痛がることはほぼないでしょう。

取っ手を持って猫の身体を撫でるだけです!(笑)

とってもシンプルなので使いやすそうだなと感じました。

ブラッシングが苦手な猫もリラックスしてました

ブラッシングが嫌いな我が家の猫ですが、ピロコームを使ってブラッシングをしてみました!

ピロコーム

マロちゃんです。

よく見るとブラシの部分に毛がめちゃめちゃ溜まってるのが見えるでしょうか…(汗)

ちょっとブラッシングをさぼるだけで抜け毛がゴッソリとれます…恐ろしい!

ピロコーム

こちらはハムちゃん。

いつもはブラッシングをしている最中に逃げ出してしまうのですが、今回はブラッシングをし始めてからくつろいでました!

こんなにくつろいだ状態でブラッシングをするのは初めてなのでビックリです!

素直にブラッシングをさせてくれる姿に感動しました(笑)

抜け毛がビックリするくらいとれた

今までは抜け毛の除去にフーリーを使っていました。

これです。

毛はゴッソリとれるのですが、フーリーだとブラシの部分が金属で出来ているため感触が悪いのかすぐに逃げ出していました。

でも今回のピロコームはリラックスした状態でずっとブラッシングをすることが出来たので良かったです!

実際にとれた抜け毛はこちら。

ピロコーム

ハムちゃんの抜け毛はそこまでとれませんでした。

毛がとにかく細いので中々取れなかったのかも知れません。

ピロコーム

マロちゃんの抜け毛です。

もうビックリするくらいとれました。

フーリーの代わりになるくらい抜け毛が取れそうなのと、何より猫が嫌がらないのでこれからはピロコームを愛用していきたいと思っています!

これだけ抜け毛が取れると、ブラッシングをした後のマロちゃんが細くなったように見えました…(笑)

スポンサードリンク

まとめ

何度も書きましたが、うちの猫はブラッシングがあまり好きではないので今回のブラシもそこまで期待はしていませんでした。

今まで色々なブラシを購入しても噛まれたり逃げられたりしていたので…(笑)

でもピロコームはリラックスをした状態でブラッシングを受け入れてくれたので「ハムとマロにフィットするブラシ発見!」と内心すごく喜びました(笑)

ブラシにも好き嫌いがあるので、色々試してみないとわからないものだなぁ…と今回改めて実感しました。

ピロコーム

ブラッシングしているところを連写したらGoogleフォトさんがアニメーションを勝手に作ってくれました(笑)

Googleフォトの記事はこちら↓

ブラッシングをすることによってマッサージ効果にもなり、血流なども良くなるのでお気に入りのブラシを1つ見つけておくと安心です!

今回のピロコームは個人的に購入して良かったと思えるブラシでした!