猫に服は着せても良いの?長時間はストレスが溜まるので気をつけよう

投稿日: 207 views

ハム

犬が服を着て散歩しているのをよく見かけますが、猫は服を着せても大丈夫?と疑問に思う方は多いのではないでしょうか。

ネットを見ていると、服を着た猫ちゃんを見ることも多いのですが、実際に飼ってみると大人しく服を着させてくれないものなので心配になってしまいますよね。

今回は、猫に服を着せるメリット・デメリットや服の必要性について書きます。

服が必要になるときはどんなときか、参考になれば嬉しいです。

スポンサードリンク

猫は服を着れる?

猫が服を着ている写真を見るととても可愛いですが、実際に猫に服を着させようとするとかなり暴れます。

猫は皮膚がとても敏感で、特に背中やお腹は触られるのを嫌がる動物なので基本的に服は嫌いなことが多いです。

無理に服を着せてもストレスが溜まってしまったり、飼い主への不信感が募ってしまいます。

よっぽど人間に懐いている猫は平気なこともありますが、服を着せるのは何か理由があるときだけにするのが好ましいです。

猫は背中やお腹に服などが触れた状態だと、コテンと倒れてしまいます。

服を嫌がっている猫ちゃんは、その場に倒れるか、歩くことも出来なくなるので見ただけでもすぐに嫌なのかどうかを判断できるかと思います。

無理に服を着せるのはストレスを与えてしまうことになるので注意しましょう。

猫が服を着るメリット・デメリット

猫が服を着るメリット・デメリットを紹介します。

基本的には服は必要はないのですが、服があることで助かることもあります。

メリット・デメリットを知って、猫に服が必要な状況を知ることが出来るので目を通してみてくださいね。

猫が服を着るメリットは傷の保護

猫が服を着ることで下記のようなメリットがあります。

  • 皮膚や術後の保護
  • 寒さ対策

メリットはこれくらいですね。

皮膚の病気や、去勢・避妊手術の後などに傷口を舐めないために着させる飼い主さんが多いです。

術後はエリザベスカラーを付ける子も居ますが、慣れない子だと後ろ歩きをしてしまったりとかなりのストレスになるので服を選択するという手もあります。

うちの猫の場合は、服を着させるとヨロヨロとして普通に歩くことが出来なかったのでエリザベスカラーを付けていました。

術後の保護は、猫によって合う合わないがあるので、ストレスが少ない方を選択してあげましょう。

寒さ対策に関しては、普通の成猫なら自分で暖まることができるので特に必要はありません。

体温が調整しにくい子猫や老猫に着させてあげることで寒さ対策をすることが出来ます。

ですがずっと着せたままにしていると、自分で毛づくろいが出来なくなってしまうので様子を見ながら着せてあげましょう。

猫が服を着る最大のデメリットはストレス

猫が服を着ることのデメリットです。

  • 毛づくろいが出来ない
  • 上手く歩けない
  • ストレスが溜まる

これくらいですね。

デメリットは少ないように感じますが、猫にとって毛づくろいが出来ないのはかなりのストレスになります。

毛づくろいは普段から習慣になっている行動なので、出来ないとストレスが蓄積されていきます。

毛づくろいが出来ずにいると、猫の体調不良にも気が付きにくいですしストレスから元気がなくなってしまう可能性もあります。

猫ちゃんの様子を見て、あまりにも嫌がっているようなら無理に服は着せないようにしましょう。

スポンサードリンク

ハムとマロが服を着た画像

以前私の猫にも服を着させたことがあります。

結構嫌がってたのですぐに脱がせたのですが、良かったら癒やされてって下さい。

マロ

お腹に布が当たると歩きづらいようで、その場に倒れてました…。困った顔をしています。

マロ

すごく短足に見える…(笑)

マロちゃんは特に服が嫌いみたいで、すぐに脱がせました。

歩くことも出来なかったので、服は不向きですね。

ハム

ハムちゃんは意外とピシッと決まっていました。

歩けなくなるということもなく、普通に服を着ていましたが少し動きづらそうでしたね…。

ハム

服についているフードもしっかりとキマってます。

キリッとしていますが、これでも♀です。

ハムとマロに着せた服はこれくらいしかありません。

お試しで着せただけなので、5分10分程度です。着せた後に嫌がっているのはパッと見で分かったので他には着せていません。

でも服を着せると可愛いので思い出に残りますね。

服を着せるときは猫の様子を見ながら

猫に服を着せる際は、猫の様子を見ながら行いましょう。

猫が嫌がっている状態で無理やり服を着せると、怒って噛み付いてきたり引っかかれる危険性もあります。

嫌がっていない場合でも、服を着た状態で放置すると毛づくろいができずにストレスが溜まってしまいます。

ストレスが溜まってしまうと様々な病気の原因にもなってしまうので、猫にストレスの掛からない程度で楽しみましょう。

ケガや皮膚の保護をする場合にも、エリザベスカラーや服など猫に合った方法を見つけてあげて下さい。

服を着ることが出来るかどうかは猫ちゃんの性格によるので、全部の猫が服を着れないというわけではありません。

一般的には服を嫌がる猫ちゃんが多いので、その辺は様子を見て判断しましょう!

猫が服を着ることについて参考になれば嬉しいです。

関連記事

猫が毛づくろいする意味とは?…気持ちを落ち着かせる効果もある

猫を飼っていると頻繁に見かける行為が「毛づくろい」です。 見てるだけでも癒やされますし、忙しそうにペロペロ舐めてる姿を見ると手伝ってあげたくなってしまいますが、なぜそんなにも頻繁に毛づくろいをしている ...

猫を撫でる場所を知っておこう!初対面ではこの3箇所を順番に触ると喜びます

猫を触る時に、どこから撫でれば良いかを皆さん御存知でしょうか? 今回は「猫を触る時の注意」と「撫でたら喜ぶ場所」について簡潔に紹介したいと思います。 これさえ知っておけばふとした時に猫を触っても大丈夫 ...

猫が喉をゴロゴロ鳴らす意味とは?…リラックスや治療効果がある!

猫が喉をゴロゴロ鳴らす理由はなぜだか知っていますか? 一般的には「甘えている時」にゴロゴロ鳴くと言われていますが、実は他にも意味があるんです。 今回は猫が喉で鳴らすゴロゴロについて詳しく書いていこうと ...

猫の肉球の役割と色の種類まとめ…乾燥しないようにケアをしよう

みんな大好きな猫の肉球ですが、その肉球がどんな役割をしているのかご存知でしょうか。 今回は猫の肉球の役割と、猫の肉球の色について詳しく書いていきます! 肉球について知って、猫ちゃんの体調管理をしっかり ...

猫がサイレントニャーをする意味…甘えたいときの合図!

みなさんは「サイレントニャー」をご存知でしょうか。 猫の鳴き方にも色々あるのですが、その中でも信頼関係の強い間柄でしかやらない「サイレントニャー」について詳しく書いていこうと思います。 声が出ないので ...

Copyright© ねこほう , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.