夏は猫がいる部屋のエアコンは必須…室内でも熱中症になる危険性があります

投稿日: 66 views

ハムとマロ

7月~8月の暑い時期になると、猫も人間と一緒で熱中症になる危険性があります。

最近本当に強く思うのですが、どれだけ猫がエアコン嫌いでも真夏にエアコンは必須です!

今回は夏にエアコンをつけっぱなしにしておいたほうが良い理由などを書きます。

我が家では猫のために24時間エアコンはつけっぱなしですが、その際の1ヶ月の電気料金なども書いておきます。

猫も人間も、自覚がないうちに熱中症になってしまうので熱中症になってしまう前から早めの対策をしておきましょう。

スポンサードリンク

夏の暑さ対策はエアコンが安心!

最近徐々に暑くなってきていて本当に思いますが、夏は猫にもエアコンが必須です。

以前にも記事に書きましたが、我が家の猫はエアコン(冷房)があまり好きではありません。

なので以前はあまり冷房を付けずにいたのですが、その結果ハムちゃんが熱中症気味になったことがあります。

猫は肉球からしか汗をかくことが出来ないので、体に溜まった熱を外に出すことが難しい動物です。

熱中症になっているかどうかは早めに気がついてあげれれば良いのですが、ほとんどは気づいてあげることが出来ません。

猫は痛さや辛さを隠す動物なので、表に症状が現れた時点で結構危ない状態です。

熱中症は特にその傾向が強いので、熱中症にかかるリスクを考えると普段からエアコンを使って部屋の温度を均等に保っておくことが大切です。

最近の夏は特に湿度も高く、夜も蒸し暑いので熱中症にならなかったとしても夏バテを起こすこともあります。

熱中症で人が倒れたり病院に運ばれたりするのと同じように、猫も熱中症で最悪死に至ることもあります。

設定温度は28~30度

外の気温が30度を超える場合は迷わずエアコンを使いましょう。

我が家がそうだったのですが、外の気温が30度を超える日に部屋の冷房を付けずにいると部屋の温度は35~36度まで上がります。

外が暑いと、家の中は更に暑くなり熱気や湿気がかなりこもります。

猫は涼しい場所を自分で見つける、とは言いますが家の中が蒸し風呂のようになっていたら涼む場所もありません。

猫にお留守番をさせるときはもちろんですが、飼い主が家にいるときにも常にエアコンを稼働させておきましょう。

我が家では基本冷房28度にしてつけっぱなしにしています。

少し寒いと感じるときには、暖まれるようなクッションなどをエアコンの風が当たらないところに設置してあげましょう。

部屋が暑いと涼しい場所も作れないですが、寒い状態なら猫は自分で暖まることが出来るので問題ありません。

ただ、部屋が寒すぎると風邪を引いてしまうこともあるのであまり部屋の温度が下がりすぎないように28~30度の間で調整することが大切です。

24時間エアコン付けても電気料金は安い

一回ハムちゃんが熱中症気味になってから、毎年夏は24時間エアコンを付けっぱなしにしています。

我が家には4台エアコンがあり、3台は基本冷房を付けっぱなしにしていて、夜になると4台フル稼働しています。

3台まるまる1ヶ月付けっぱなしにしていても、1ヶ月の電気料金は約1万円でした。

詳しくは別サイトでも書いています。

エアコンを3台24時間つけっぱなしにしてても電気代は大して上がらない…6~7月の電気代は約1万円でした

エアコンを付けっぱなしにすることでの電気料金を気にする方も多いと思いますが、そこまで電気代も上がりませんし猫のためを思えば安いものです。

熱中症にかかってしまうと、病院へ行って検査をしたり治療をしたりで倍以上のお金がかかってきますからね…。

猫が熱中症にかかるリスクを排除するために、エアコンは付けっぱなしにしておくのがオススメです。

部屋を効率良く冷やすために、カーテンを遮熱のものにすると窓から暑さが伝わりづらくなります。

我が家はニトリの遮熱カーテンを使っています。猫にも引っかかれないので気に入っています…(笑)

スポンサードリンク

猫の飲水は常にたくさん入れておこう!

熱中症になる原因の1つとして、猫は水をあまり飲みません。

その結果脱水症状になってしまうこともあるので、飲水は切らさないように気をつけましょう!

飲水は1つだけではなく、3~4個用意してどこでも飲めるようにしておくと安心です。

エアコンが付いているからと言って飲水を切らしていても危険なので、水は常に飲めるような状態にしておきましょう。

暑くなる前からエアコンを使おう

暑くなってからエアコンをつけると、部屋の中を早く冷やそうとして全力で電気を使います。

なので暑くなる前からエアコンをつけておけば、全力で稼働することもなくなるので電気代の節約にも繋がります。

猫は体が小さく体調の変化も気が付きにくい動物なので、熱中症の対策は普段からしておきましょう。

本当に今の夏は気温も湿度もすごく高いので、窓を開けて部屋の中に外の風をいれるよりもエアコンのほうが確実に安心です。

部屋の温度がが30度を超えるときは、猫も熱中症にかかってしまう危険性が高くなります。

ひんやりグッズを使うのも良いですが、度を超えて暑くなる日はかならず冷房をつけましょう!

関連記事

猫に与えてはいけない危険な食べ物…人間が食べるものは基本的にダメ

今回は猫を飼うにあたって知っておきたい「猫に与えてはいけない食べ物」をまとめておきたいと思います。 知らずに与えてしまった食べ物が原因で、猫が亡くなってしまうケースも少なくありません。 人にとっては身 ...

猫の尿結石の原因と予防法まとめ…再発しないように生活環境を見直そう

猫の尿結石をご存知でしょうか。 尿結石は猫下部尿路疾患で、オス猫が重症化しやすいと言われている病気の一つです。 今回は、尿結石症の原因や治療法、予防法などを書いていきたいと思います。 尿結石症は一度な ...

猫の口内炎の症状や治療法まとめ…再発しやすく完治が難しい病気

猫の病気「口内炎」について症状や治療法などをまとめて書きたいと思います。 比較的早い年齢から口内炎になってしまう子も多く、治療にも時間がかかってしまう病気です。 口内炎は人間にもよく出来るものですが、 ...

猫が布を食べてしまう異食症(ウールサッキング)についての対策と体験談

ウールサッキングをしていたマロちゃん 今マロちゃんは1歳半です。 今まで全く触れてこなかったのですが、実はマロちゃんは生後6ヶ月前後あたりで異食症(ウールサッキング)という病気になっていました。 現在 ...

猫の避妊手術についての体験談…メリットとデメリットを紹介

避妊手術後のマロ 今回はハムとマロが避妊手術をした時のことを書いていきたいと思います。猫を飼うなら避妊手術か去勢手術は通る道ですからね。参考になれば嬉しいです。 避妊手術や去勢手術の必要性についても書 ...

Copyright© ねこほう , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.